株式会社リクルートテクノロジーズに転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は人気のリクルートグループの中でも、IT・ネットマーケティング領域のプロ集団リクルートテクノロジーズの企業研究に役立つ情報をまとめました。

【無料】株式会社リクルートテクノロジーズへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

株式会社リクルートテクノロジーズって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

リクルートテクノロジーズはIT・ネットマーケティング領域のプロ集団として、技術開発・提供を行い、IT企業とも呼ばれるリクルートグループのビジネスを支えています。

立ち位置としては、大雑把に言うと、「リクルートグループ内のシステム会社」という感じです。
自らの事業を持たず、IT・ネットマーケティング分野で横断的にソリューションを提供しています。

リクルートグループ全体のシステム部門という感じですね。

力を入れている分野としては以下の2つです。

・次世代技術のR&D・新ソリューションの開拓
将来のニーズを見据えて、世の中に先駆けて新しい技術のR&D・ソリューション開拓を実現しています。

いち早く活用できるレベルに引き上げるための検証を続けていき、中長期的ビジネス競争の優位を構築していきます。

・ビジネスへの実装
ソリューションや技術を磨き続け、リクルートの各サービスが持つ価値を最大限に発揮できるようなビジネスへの実装を行います。

ITの側面からサービスを進化させることを通して、新しい価値を世の中に提供していきます。

社長からのメッセージ


リクルートテクノロジーズは日々進化していく技術を学んでいき、そして取り入れ磨き続けることで、リクルートグループのビジネス価値向上、競争優位を支えていく役割を担っています。

今から50年前以上前、情報サービスの会社は当時珍しいものでした。

その中でリクルートが産まれ、人々の不の解消のために、大学新聞の片隅にあった会社説明会の新卒採用広告からスタートしたのです。

その後、社会変化の中で住宅・進学・車・旅行など様々な分野において、ユーザーのニーズに応えるべく、行動や決定に必要な情報を提供してきています。

その間、情報を伝える手段が変化していき、今では私たちがより洗練された技術力や専門性、イノベーション力で、各産業界に価値を提供するリクルートグループ各社の新たな価値創造の原動力になっています。

テクノロジーが光り輝くのは、人々の役に立っているからなのです。

今後も社会や顧客に対し、新たな価値を提供していく存在でありたいと考えています。

リクルートテクノロジーズの社長は、テクノロジーが光り輝くことができるのは、多くの人々の役に立っているからこそだと考えています。

そう強く考えているからこそ、事業や採用にも尽力して取り組んでいることが伝わってきますね。

株式会社リクルートテクノロジーズの仕事内容・職種

システム会社になりますので、グループ内の事業会社側の担当と一緒にプロジェクトを進めることもあれば、特定領域を一人で担うこともあります。

募集している職種には以下のようなものがあります。

1.事業IT(Web・セキュリティ)企画

2.ウェブマーケティング

3.アプリケーションエンジニア

4.ビッグデータ

5.プロジェクトマネジメント

6.基幹・勘定・業務系システムマネジメント

7.ITアーキテクト・AP基盤

8.インフラエンジニア

9.セキュリティ

10.R&D

11.コーポレートスタッフ

上記が募集している職種となっています。
大きく分けて11個の部門に分かれていますが、さらに細かく分かれているのが特徴です。

サービス・システム企画のセキュリティ戦略設計、アプリケーションやインフラ、セキュリティ、ビッグデータ領域など。

各職種に分かれていますが、他の職種としっかり連携を取りながら業務を進めています。

どの職種も専門性が求められるため、これまでの経験を活かせるフィールドが整っていると言えるでしょう。

未経験からエンジニアを目指す方は、まずはエンジニア養成スクールTECH:EXPARTの無料カウンセリングを受けてみませんか?

株式会社リクルートテクノロジーズの今後の事業課題は?

リクルートテクノロジーズは、各事業会社に対して、IT・マーケティングのプロフェッショナル集団として横断的にソリューションを提供している会社です。

リクルートは長期目標として「2020年には人材領域で世界No1(雇用決定者数No1)」「2030年には人材・販促領域で世界No1(サービス利用者数No1)」を掲げており、実現の手段として、ITを重要視しています。

このため、IT技術を担っているリクルートテクノロジーズの成長はリクルートグループ全体の成長に直結すると言えます。

その中でもSEOグループは国内外のリクルートグループのサービスに対し、SEO・コンテンツマーケティングを実施しています。時にはSEOに閉じない集客の提案・施策推進も行なっているのです。

そんなリクルートテクノロジーズの事業課題は、「サービスが今やらなければいけないことを定義し、立案・実行し、成果を出すこと」だと言えるでしょう。

「定義」・「立案」・「実行」・「成果」この4つのプロセス全てをプロフェッショナルとして、責任を持ち、実施することが重要になってきますね。

「定義・提案」では、担当者自らが課題と施策を抽出して、施策の実施推進難易度や開発規模を考えながらプランニングを行なっていきます。

施策推進計画を立てますが、動きの激しい業界のため、計画を常に見直すようにし、関係者全員に提案して計画内容を全員に納得してもらいます。
全員がきちんと納得した上で、施策を推進していきます。

「実施・効果」では、実施のフェーズが重要です。

全体的にみて非常に成果にコミットしているリクルートグループのため、フェーズにおいてしっかりと責任を持って進めます。

最適な集客と最適なユーザー接点の拡大、そのための提案、集客で繋がったユーザーに対して最適な体験を提供すること。

このために今後どのような対策を練り、行動していくのかという点が、大きな課題となってくるでしょう。

未経験からSEやプログラマーを目指す方は、IT業界の転職に特化したレバテックキャリアに転職相談をしませんか?

株式会社リクルートテクノロジーズの仕事のやりがい

「自分の仕事の結果が見えやすい」、「企業の成長にきちんと貢献できる」という点にやりがいを見いだす人が多いようです。

これは、リクルートグループ各社に寄り添って成長して行く関係にある会社だからこその特徴かも知れません。

システム開発については、多くの会社がコンサルティング会社やSIerに開発や運用を任せるケースがあり、その場合「発注元と発注先」という関係性になってしまいがちです。

しかし、リクルートテクノロジーズはユーザーが身近(グループ企業)ですので、コンサルでもSIerでもなく、「自社システム」として携わることが出来ます。

リクルートグループ各社に寄り添って成長して行く関係にある会社ですので、例えば開発案件であればリリースしておしまい、ではなく「企業の成長に寄り添っていける」という実感を感じることができるからこそ、やりがいを感じられると思います。

また、近年ますます、リクルートグループの事業が広がりを見せている中で、ITは切り離せない存在です。

「新しいサービスを作りたい」、「既存システムを再構築したい」など、グループ会社からのニーズは年々増加しているようです。

リクルートグループは非常にスピード感があり、経営の意思決定も速いので、その中で、最高のシステムを追い求め続けるというのも、やりがいを感じる部分ではないでしょうか。

更に、立場に関わらず意見を言えるフラットな環境や、手をあげれば仕事を任せてもらえる会社としてのフットワークの軽さや意思決定の速さが特徴の企業のため、「様々なことにチャレンジできる」自由さにやりがいを見いだす人もいるようです。

また、R&Dは答えがないので、大変に感じたり苦労したりするものです。

どこから進めるべきなのか、それを考えることが非常に難しく、人によっては悩み続けてしまうこともあります。

ただ、答えがないからこそ、取り組み意欲を強く持てるという点がやりがいに繋がっていくのだと思います。

実際のサービスに対してとりあえず試してみて、それがうまくいっても行かなくても、その結果を見ながら次の取り組みをやってみよう、と考えることが大切なのです。

自分一人ではなく、事業と一緒に取り組み、試行錯誤を繰り返しながら、R&Dを進めていけるという楽しさが、やりがいに繋がっていくのです。

こういった点がリクルートテクノロジーズでの仕事のやりがいだと言えます。

【無料】株式会社リクルートテクノロジーズへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

株式会社リクルートテクノロジーズの評判・社風・カルチャー・クチコミ

グループ内のシステム会社になりますので、各事業会社との連携も多く、体育会系のスタッフも多いです。

社員数も約600名を超え、20代、30代も多いため、元気でワイワイしているような、雰囲気があります。

システム会社では特に、「残業」面や、「福利厚生」面が心配されがちですが、産休・育休後の復帰社員100%や、フレックスタイム制など、割と自由で働きやすい環境と言えるのではないでしょうか。

さらに、ボトムアップ型組織で、現場が主役であることや、手を挙げた人がやるといった風に、チャレンジを応援する風土であるといえます。

ただし、逆に言うと、自分のやりたいことが明確でない人や自立していない人(言われたことしかできない)、自分を管理出来ない人には向いてないと言えるかもしれません。

そして、リクルートテクノロジーズは、社員ブログを公開しています。

「UI・UX」から「アーキテクチャ」、「イベント」など様々なジャンルのブログ記事を投稿しているのです。

ブログ記事の内容はとても見やすくなっており、多くの方に理解してもらえるように資料なども添付してくれています。

初見の方でも理解できるよう、分かりやすい言葉を使っている部分に心遣いが感じられます。

福利厚生として部活動制度がある

そして、リクルートテクノロジーズには面白い福利厚生があります。
それが「部活動制度」というものです。

2017年10月からスタートされ、開始された理由は「ヨコ・ナナメの繋がりを創出するため」なのです。

「隣の部署が何をしているのかわからない」、「この技術について相談したいけれど、どこに聞いていいのかわからない」といった声が上がっていました。

その結果、事前に相談することでスムーズだったはずのことに時間がかかってしまうという問題が起きてしまっていたのです。

そこで、部活動の条件が「部員は所属組織をまたいだメンバー5名以上であること」となっています。

より多くの繋がりを生み出せるように、一人あたり2部活までを費用補助の対象にしているのです。

現在、53の部活が活動中です。
「運動系」・「文化系」・「飲食系」・「学習系」の4つに分類されています。

部活動を通して、仕事がとてもしやすくなったという声も増えており、経理業務での経費精算に関するミスが防げたという声もあります。

また、部活に入ったことで多くの知り合いができて、仕事もスムーズに進められるようになり順調との声もあります。

このような繋がりができることにより、今後新しいプロジェクトや成果を生み出すきっかけになっていくかもしれません。

社内制度について

従業員のほとんどがエンジニア・マーケターの会社であることが特徴です。

スプリントあたりの稼働時間を決めて、その範囲内で開発ができるよう、開発スコープの管理をするようにしています。

そのおかげでエンジニアとしてのプライベートな時間をしっかり取れるようになっています。

顔を合わせてのコミュニケーションを大事にしており、町会やちょっとした打ち合わせなども気軽に集まってコミュニケーションを図っています。

Slackを使ってのコミュニケーションを中心に、情報共有も行なっているのも特徴です。

また、フレックスタイム制なので、各エンジニアの裁量に任せています。
自分の時間をきちんと考えながら、仕事に取りかかれる環境が魅力ですね。

開発から運用まで全てを担当できるフルスタックエンジニアとして成長してほしい、そう考えていることから他部署との情報交換の場を定期的に設けています。

社内イベントも盛んに開催されているので、プライベートと業務のオンオフがしっかりとできます。

■ユニークな制度もあります

上記でご紹介したこと以外にもユニークな制度も導入されています。
導入されているユニークな制度は以下の4つです。

1.New RING

2.ARINA

3.B-QUEST

4.STEP

上記で挙げた4つの制度について、ご紹介していきます。

1.New RING
リクルートグループが主宰する新規事業提案制度です。

上位に入賞した作品は、事業化に向ける機会が与えられます。毎月開催しており、従業員だけではなく、社外の方も多く参加できる一大イベントとなっています。

実は、ゼクシィ・Hot Pepper、R25なども、この制度から生まれたのです。

2.ARINA
こちらは通称「前者イノベーション賞」と呼ばれています。

高いレベルで新たな価値向上に貢献したイノベーション事例に対して授与されるリクルートグループ表彰です。

年に一度開催されているアイデアコンテストで、優秀なアイデアを発表した方には一人100万円の賞金が支給されます。

2013年には、なんと総額1,000万円がイノベーションに支払われています。

3.B-QUEST
ビジネスキーパーソンとしてさらにステップアップしたい。

仕事以外で実現したい夢がある、といったことを希望する社員に対して、最長2年間程度の給食を認めて、会社に籍を残したまま、社外で武者修行できる制度となっています。

4.STEP
最大連続28日間、勤続3年以上の社員であれば、誰でも取得できる長期休暇です。

気持ちよく業務を行えるように心身リフレッシュをしたり、自己成長の機会にしたり、その目的は自由となっています。

それに加えて、応援する手当として一律30万円が支給されます。

以上が、リクルートテクノロジーズのユニークな制度です。
魅力的な制度が数多く導入されているため、社員のモチベーションも上がりますね。

株式会社リクルートテクノロジーズの面接・SPIなど選考難易度

選考フローは、応募→筆記試験→面接(2〜3回)→内定という流れです。

リクルートグループのIT技術を一手に担っている企業のため、求められるスキルレベルも非常に高く、選考難易度も高いのが特徴です。

特に、「仕事に対する姿勢に共感できるかどうか」と「ロジカルに物事を考える力」が重要視されます。

「先端技術や新ソリューションの研究・開発」、「大規模システムの開発」に力を入れているため、「尖った技術への興味」や「大規模開発のPM・PL経験」をアピールできると良いですね。

求める人材について

リクルートテクノロジーズは、日本有数のネットサービス企業になったリクルートグループです。

企業を成長させていくためには、サービス・ビジネスの成長が重要になってきます。

そこでどのような人物を求めているのか、ご紹介していきます。

1.高い当事者意識・強い意志を持って物事に取り組める人

2.途中で諦めずに、最後まで考え抜き仕事をやり遂げる人

3.現状に甘んじることなく学び続け、自ら進化しようとする人

4.周囲からの信頼を獲得し、組織として高い成果を追求できる人

以上が求められている人物像です。

ビジネスの成長のためには、IT・ネットマーケティング領域における進化が必要不可欠です。

ソリューションを展開する一人ひとりがテクノロジーを磨き続けていくことで、個人の成長とリクルートグループの成長の実現に繋げていきたいと考えています。

圧倒的な技術力やイノベーション力でビジネスを進化させていきたい。

そう強く考えミッションにしているので、進化し続けていきたいと考える人物を求めているのでしょう。

株式会社リクルートテクノロジーズの年収相場(給与)は?


リクルートグループでは、給与体系に「ミッショングレード制」というのを設けています。
具体的には、担っている業務や職務に等級をつけます。

等級は半年毎に見直され、この「等級」により評価されるということです。

価値が高いと判断される職務を担っている個人には高いミッショングレードが設定されます。

年功序列はなく、実力のある社員には高いグレードが設定されるという、非常にシンプルな設計となっています。

では、具体的に金額的には、どれくらいになるかと言うと、30歳前後で600万〜900万くらいがボリュームゾーンのようです。

実力があり、結果を残すことができるような人であればしっかり評価されるようです。

ここで気になってくるのが「人事評価」ではないでしょうか。

リクルートテクノロジーズでは、「Will Can Mustシート」・「育成PDS」というものを導入しています。

「Will Can Mustシート」につきましては、後ほどご紹介します。

「育成PDS」とは?

リクルートテクノロジーズでは、育成PDSが導入されています。

「人材開発委員会」、「PVAサーベイ」、「FB面談」の3つによって構成される一年単位の育成サイクルを「育成PDS」としています。

■「人材開発委員会」
「人材開発委員会」は半期に一度、一人一人のメンバの人材開発について、直属の上長のみならず、同部内のすべてのマネージャー・エグゼクティブを交えて行われます。

様々な視点から議論をしていき、こちらでも「Will Can Mustシート」の内容をチェックします。

今後の適切なポスト・テーマだけでなく、どのような機会によって成長していくことが可能なのか検討していきます。

グループや部を越えた組織横断での任用、配置も含めた個々の中長期的なキャリアプランを検討しています。

■「PVAサーベイ」
「PVAサーベイ」は年に一度、社員の能力開発を目的とした「PVA(Professional Value Assessment)」という360度サーベイを行なっています。

社員本人の自己評価と、共に働く上長・同僚・他部署の関係者からの多面的なフィードバックを照らし合わせていきます。照らし合わせることで、個人の強みや課題をより客観的に認識する場です。

また、仕事に対する姿勢・考え方を考える機会になり、今後の能力開発のポイントを明確にすることにも役立っています。

■「FB面談」
「FB面談」は5月・11月に直属の上長と面談が行われます。

前半期の評価内容や今期のミッションについての話し合いです。「Will Can Mustシート」を用いて、十分にすり合わせを行います。

ポイント制退職金制度について

社会貢献をポイントに換算して積み立てられる退職金制度があります。

これは、上記でご紹介した「ミッショングレード」に応じたポイントが毎月積み立てられ、退職時に一時金として支給されます。

ただし、勤続年数が5年未満の場合は、在籍期間に応じた支給額となります。

ミッショングレードに応じてポイントが毎月積み重ねられるというのは、とても魅力的ですよね。

給与・賞与に影響してくるものではなく、退職金にも大きく関わってくるのが嬉しいところです。

【無料】株式会社リクルートテクノロジーズへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

株式会社リクルートテクノロジーズに転職後のキャリア形成は?

リクルートテクノロジーズでは、「キャリアパス」を導入しています。

個人の志向に応じて、プロフェッショナル型(技術を手段とする立場)・スペシャリスト型(技術の専門家)かフローを選ぶことができるのです。

半期で上長との面談を実施して、理想のキャリアパスを描けるよう、定期的なフォローアップを行なっています。

プロフェッショナル、ジェネラリストと個人の志向に合わせて選択可能で、一度決めたキャリアぱすもその場の状況に応じて、自由に変更することが可能なのです。

1.ジェネラリスト
こちらは「チームリーダー」からスタートしていき、「マネージャー」から「シニアマネージャー」へ、そして「ジェネラリスト」になれます。

2.プロフェッショナル
こちらは「エンジニア」から始まり、「シニアエンジニア」へ、そして「スペシャリスト」になれます。

もちろん、キャリアの積み方やのぼり方は個人により大きく変わってきます。

今後ますます必要になってくる技術部門になりますので、現場で専門的に仕事をして行くか、マネジメント職として進むか、その人の考え方、働き方によってくるのではないかと思います。

「Will Can Mustシート」とは?

リクルートテクノロジーズでは、「Will Can Mustシート」というものを導入しています。

半期に一度社員を対象に、このシートを記入するのです。これは、本人が実現したいこと(Will)、活かしたい強み・克服したい課題(Can)、能力開発に繋がるミッション(Must)の項目がある目標管理シートです。

社員一人ひとりが仕事を通して何を実現したいのか明らかにし、上長とすり合わせて、その実現のために何ができるのか、どんなことが必要であるのか。

それをきちんと確認した上で何をすべきなのかを考えるサイクルなのです。

こちらもキャリア形成に大きく関係してきます。

最後に。リクルートテクノロジーズへの転職を検討・希望している方へ

リクルートテクノロジーズへの転職支援に強い転職エージェント・アクシス代表の末永雄大が親身になってサポートします。

リクルートテクノロジーズへご興味をお持ちの方、転職を希望している皆さん。

リクルートテクノロジーズという会社は、先端技術の研究・開発や、リクルートグループのサービスのシステム・社内大規模システムの企画・開発・運用に携わることができるため、リクルートグループの中でも非常に人気があります。

リクルートグループのIT技術を一手に担うプロ集団であるため、選考ではITの専門性や論理的思考力について非常に高いレベルが求められます。

そのため、優秀な方であっても、舐めてかかって自分でエントリー・選考を受けて、意外にサクッと「お見送り」という結果にも多々あります。

ですので、事前にしっかりと準備・対策をして、万全を期して面接に臨む必要があるのです。

そうした対策は自分ひとりではできません。また面接対策は、何度も面接フィード・バックを聞く機会にある現役の転職エージェントが一番です。

手前味噌ですが、ホームページ、求人サイト、他社転職エージェント等の、他のどのチャネルよりも、弊社でのご紹介・選考サポートは手厚く、且つ強いと自負しています。

弊社では、私がリクルート出身であることから、リクルートテクノロジーズへの転職のご相談をたくさん頂いております。

実際に、相談にいらしてくださった方にはリクルートの面接に有効な弊社独自の想定問題集を回答いただき、何度も添削・フィードバックをさせていただきました。

それによって、他チャネルからだとカナリの確率で落ちていたであろう人を、じっくりと対策して内定を得ていただいたケースも多いです。

ですので、焦って応募をされる前に、まずは一度弊社までご登録・ご相談ください。

【無料】株式会社リクルートテクノロジーズへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

リクルートについてさらに詳しく知る

リクルートに転職を検討をしている人は下記の記事も是非参考にしてみてください。

未経験のエンジニア転職ならTECH::EXPERTを使おう!

エンジニアの転職では「即戦力になるか」が非常に重要視されるため、実績を持たない未経験者の場合は「自発的に勉強をしている」という知識・熱意のアピールが必要です。

でも、一人だと「どこから手をつければいいの?」「どう進めたらいいの?」とわからないことだらけですよね?

そんな方におすすめしたいのがエンジニア養成スクールのTECH::EXPERTです。

わからない点があれば土日も専属トレーナーに質問できるなど、勉強を最後までやりきるための環境が整っていますし、転職先を見つけるところまでサポートしてくれます。

下記リンクから無料相談をお申込みいただけます。

→「勉強したとして、本当にエンジニアになれる?」という不安、無料相談しませんか?

エンジニア経験者の転職ならレバテック!

上記にて、未経験エンジニアの転職についておすすめエージェントを紹介させて頂きました。

一方で、経験者になると「より多くの案件の中から検討したい。」と思われる方は多いのではないでしょうか。

そこで、今回経験者向けの転職エージェントであるレバテックキャリアさんをご紹介させて頂きます。

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数と転職決定実績!
  2. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  3. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18