転職は10月入社がベスト!?なぜ良いのか理由を徹底解説!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

皆さんは聞いたことがありますか?「転職するなら10月!」というある種の都市伝説を。転職を考えたばかりの方は知らなかった、という方もおられるかもしれませんね。実は、転職において10月入社を目指すことが有効であることは紛れもない事実なんです!

今回は、ではなぜ転職において10月がよいのか、その理由について解説していきたいと思います。

→転職時期にお悩みの方、ぜひ弊社に無料相談しませんか?

転職市場が活発になるのは10月!

一般的に、転職市場が活発になるのは上半期、下半期の初月にあたる4月、10月の時期になります。

なぜかというと、3月と9月が、企業にとっての年度末、半期末となるからです。この時期は退職者が増えるので、企業は求人を出すことで社内体制の整備や、新規事業の人材を補充しようと考えています。

4~6月はいったん採用が完了してしまっていたり、新入社員のフォローで忙しく、また新卒採用に向けて人事が忙しくなる10~12月も求人数は減ります。

もちろん、例外もあります。たとえば、外資系の場合、会計年度の開始が1月からであるため、10~12月のあいだに求人を出す企業が増えます。また、エンジニアは人手不足が続いており、他の企業に比べるとスキルが重要視されるので時期にかかわらず転職しやすいです。

→転職時期にお悩みの方、ぜひ弊社に無料相談しませんか?

人事が忙しい月に入社するのはオススメしない

先ほどの見出しで、人事の忙しさが転職に影響することを少し述べました。人事はいわゆる「縁の下の力持ち」的存在であり、その業務は多岐にわたります。人事の業務をざっとまとめると以下のようになります。

  • 社員の研修・教育業務
  • 採用活動の企画・運営
  • 社員の評価や報酬精度の構築
  • 労働環境や職場環境の調整・管理

優秀な人材にどう企業を知ってもらうか、その方がどうやったら入社してくれるのか、などの思考が求められることから人事を「人材採用の営業職」と称する方もおられます。そんな彼らの年間スケジュールをみて見ましょう!

(http://www.venturejinji-senmon.com/chishiki_schedule.htmより引用、一部改変)

このスケジュールを見ても、やはり10月に空きがありますね。先ほども述べましたが、人事には社員の研修・教育業務のほかに、労働環境や職場環境の管理という業務をする部でもあるので、この人事が他の業務で忙しい時期に入社してしまうと、人事のサポートを受けることができず、企業に慣れるまでの時間が掛かってしまいます。

逆に、人事が比較的忙しくない時期を狙うことによって、人事のサポートを最大限受けることができます。計画的に行動して10月入社を目指しましょう!

→転職時期にお悩みの方、ぜひ弊社に無料相談しませんか?

10月入社におけるメリットとは?

上の見出しでは「10月入社は人事のサポートを受けやすい」と述べましたが、10月に入社するメリットは他にもあります。以下は10月入社のメリットを挙げたものになります。

  • 10月は即戦力となる経験者を求めていることが多いため、年齢層も経歴も様々であり、そのため年齢を負い目に感じる必要がありません。
  • 入社した企業の業界や職種に関わる専門的なことに対しての研修が多い傾向にあります。
  • 10月は新体制や新規事業を始動するところが多く、周りと一緒にスタートを切れる可能性が高いので、人間関係が築きやすいです。

→転職時期にお悩みの方、ぜひ弊社に無料相談しませんか?

転職にかかる期間、日数は?

何事にも準備は大事です。準備活動も含め、転職活動は三ヶ月程度を見込んでおきたいですね。10月入社を目指す場合は、6~7月頃から準備を始めて行きましょう。

→転職時期にお悩みの方、ぜひ弊社に無料相談しませんか?

自己分析は転職準備において最重要!

一般的な転職活動は下記のようになります。

  1. 自己分析
  2. 希望する業界や企業の情報収集
  3. 書類作成
  4. 求人に応募
  5. 面接
  6. 内定

転職準備に関するより詳しい内容については下記の記事をご覧ください。

転職準備の第一歩!転職スケジュールの立て方

自己分析情報収集にはそれぞれ十分な時間をとれるようにしましょう。

特に自己分析は重要です。

なぜ転職したいのか、自分が転職した先で何ができるのか、徹底的に自分自身を分析しましょう。そうすることで軸がしっかりして、決心が揺らぐことを防ぐことができます。

自己分析に関するより詳しい内容については下記の記事をご覧ください。
転職は、自己分析をすることで失敗を防げる?

→転職時期にお悩みの方、ぜひ弊社に無料相談しませんか?

万全の準備で転職に挑もう!

転職を考えている方は、会社に在籍しながら転職活動を行う人が多いと思われますが、その場合転職にかける時間の捻出や調整に苦労することが多いようです。ここで、何月入社を目標にするかで、難易度がグッと変わってきます。

たとえば4月の場合、12~1月頃から準備を始めることになりますが、年末年始は会社の仕事納め、家の大掃除、帰省、忘年会と忙しくあまり時間をとれない可能性が高いです。

それに比べると、10月入社を目標とした場合、人にもよりますが4月を目標にした場合よりも転職準備にかける時間をかけることができるのではないでしょうか。

→転職時期にお悩みの方、ぜひ弊社に無料相談しませんか?

転職時によくあるトラブルについて

実際に、希望の転職先の企業から内定をいただいたとき、よくあるトラブルとして辞職する差異の上司とのやりとりがよく挙げられます。

「辞めたら損害賠償を請求すると言われた」

「辞めたくて退職届を出したのに、何度も呼び出され、永遠と説教された」

「一ヶ月前に退職意思を伝えたら、『急に言われても困る。せめて三ヶ月前に言え』と、しかられ、来月も会社に来いと言われた」

などと、数えたらきりがないですが、このような自体になる前に対策をすることで円満退職をしましょう!

退職の自由とは

まず、法律上は2週間前に予告をしていれば問題ないことになっています。民法627条1項では

「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。」

と規定されており、労働者には「解約の自由」が保証されています。

退職はいつ伝えるべきか

ですが、余裕をもって退職日の1.5ヶ月前には伝えましょう。なぜなら、退職の申し出を受けてから実際に退職できる状態になるまで、時間がかかることが多いから

です。

退職の申し出に対する回答を保留されることもあるし、業務の引き継ぎに想像以上に時間がかかる可能性もあります。

また、会社が後任を選ぶ際、人事で「玉突き」が発生することが多いため、最低一週間は後任が来るまで掛かります。また、自分の身の回りの整理と具体的な手続

きを引き継ぎの合間におこなうことになるため、余裕を持って意思を伝えるようにしましょう。

退職をどうやって伝えるか

まずは直属の上司に直接、またはメールで「ご相談があるのですが10分程お時間をいただけないでしょうか?」といった具合に、極力退職を伺わせない声のかけ方

でアポイントを取りましょう。

そして、退職を切り出す際はなるべく断言は避けながらも、「ご相談と申しますのは、実は退職させていただきたいと考えております。」と切り出して、相手の反

応を見ながら、退職日等の具体的な話ができるようにしましょう。

→転職時期にお悩みの方、ぜひ弊社に無料相談しませんか?

もし一人でつまずいたら…

いかがでしたか?
ここで述べたことはあくまで目安です。何月に入社したいかを決め、現職の状況と合わせながら計画的に行動しましょう!

もし一人では厳しそうだ、時間が足りないという方は転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントはあなたと企業を仲介してくれます。

求職者は無料で使える、採用までのスケジュール管理の代行、企業の社内雰囲気、裏情報が知れるなど転職者にとってメリットが多く、書類の添削、面接へのアドバイスなど具体的な選考アドバイスをくれます。

→転職時期にお悩みの方、ぜひ弊社に無料相談しませんか?

転職をお考えの方へ

  • 「初めての転職で色々不安……相談に乗って欲しい」
  • 「仕事をしながらだと転職活動をする時間がなくて、全然動けていない!」
  • 「面接上手くいかないなぁ。何が悪いんだろう?」

上記のような不安を転職者は誰もが抱いていますが、第二新卒だとその不安はさらに強いかと思います。

そんなときに頼りになるのが、転職エージェントです!

転職エージェントは、日々様々な求職者と向き合い続けている「転職のプロ」です。専属のキャリアドバイザーが、上記のような様々な不安に対して無料で相談に乗ってくれます。

相談やアドバイスはもちろんのこと、履歴書・職務経歴書の添削面接対策など、転職活動に関わることをサポートしてくれます。

また、志望大手企業への推薦や年収・勤務条件の交渉なども代行してくれるので、少しでも転職の成功確率を高めたい!という人は、ぜひ1度登録してみてください。

ただ、担当するキャリアアドバイザーによって、サポートの質が変わってくる部分があるので、複数の転職エージェントに登録して、自分に合うものを使っていくのがおすすめです。

おすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25