【看護師を辞めたい人へ】不満別の対処法を徹底解説!

看護師を辞めたいと考える人は多くいます。看護師は心身ともに負担が大きく、大変ですよね。

今回の記事では、看護師を辞めたいと考える人へ向けて、辞めたい理由と、その理由別の対処方法を解説します!

看護師を辞めたい・つらい・きついと感じる3つの理由と解決策

日本医療労働組合連合会が2017年に発表した『看護職員の労働実態調査』によると、看護師の約7割が「仕事を辞めたい」と思いながら働いているということがわかりました。

その理由として以下の3つが挙げられます。

それぞれの悩みについて、解決法も合わせて解説します。

人手不足は業務の効率化・ITツールの導入を考えよう

人手不足に関する悩みは、まず業務の効率化について考えてみることがおすすめです。

現代はIT技術が発展して、機械にすべてを任せることができる仕事が増えました。すべてを任せることはできない場合でも、書類作成時間などの短縮に繋がるものもあるので、ITツールなど業務の負担を少しでも軽くできるものを導入することを考えてみましょう。

賃金の安さはキャリアアップで解消

賃金の安さは、資格を取得してスキルを上げることや、リーダーなどの役割を引き受けることで解消されやすいです。

看護に関連する資格はケアマネージャーや専門・認定看護師など、数多く存在しています。それぞれの取得に時間はかかるものの、これらの資格を取得してキャリアアップに成功すれば、賃金の安さは解消されるでしょう。

関連記事看護師は年収はどのくらい?施設や勤務形態による違いも大公開!

夜勤を耐えるには体力づくり・生活リズムを整えよう

つらい夜勤を耐えるためには、日頃から運動をして体力づくりをおこなうことと、生活リズムを崩さないことの2点が重要になります。

夜勤に悩む看護師はとても多いです。とくに3交代制の場合は生活リズムが崩れてしまい、眠ろうとした時に眠れないという問題を抱える看護師も多いです。

夜勤によって体を壊してしまうほどであれば、今すぐにでも転職することがオススメです。

しかし、看護師の収入は夜勤手当に支えられている部分が大きいです。夜勤のない職場へ転職をすると大幅に年収が下がってしまうので、夜勤がつらかったとしても転職ができない人も存在します。

そのような人は夜勤に耐えるための体力づくりと生活リズムが重要です。とくに、夜に寝て朝になったら起きる生活リズムが崩れてしまうと、日勤の時でも十分な休息を取ることができない事態に陥ってしまうので気をつけましょう。

今すぐ辞めたほうがいい人の3つの特徴

看護師として働いていて、つらいと思ったときはいくつかの解決策があるものの、場合によっては転職しない限り解決できないものもあります。その特徴は以下の3つです。

  • パワハラや暴力を受けている人
  • 激務やストレスによって心身に不調をきたしている人
  • 給与が相場よりも異常に低い

1つ目の例はパワハラや暴力を受けている場合です。ハラスメントは解決することが簡単ではないですし、解決したとしても職場内にわだかまりが残ることが多いです。加えて、無理に仕事を続けているとストレスで心身に不調をきたしてしまうこともあるでしょう。

また、残業が異常に多くて常態化していることなど、激務が原因で体調を崩す人もいます。仕事が原因で心の状態や体調に悪い影響を及ぼしているなら、まずは心と身体を休ませることが大切です。真面目な人ほど休まずに無理をしがちではあるものの、この場合は転職をするしないに関係なく、まずは仕事を辞めて休むことがオススメです。

他に給料が相場よりも異常に低いというケースもあります。相場よりも明らかに給料が低い場合、経営状況が悪くて昇給が見込めない場合などは、その職場で長く働くメリットが少ないと言えます。

ただでさえ看護師は体力も精神もすり減る仕事なので、それに加えてお金に余裕がないと精神的に落ち着いて毎日を過ごすことが難しくなりがちです。そのため、相場程度の給料が支払われる職場へ転職すると良いでしょう。

とくに給料の未払いが発生している職場に勤めている人は、早めに転職をすることがオススメです。このような職場では、いきなり倒産してしまって数ヶ月分の給料が受け取れなくなる可能性があるためです。

看護師の転職に役立つサービス

看護師から転職をするなら、転職エージェントの利用がオススメです

転職エージェントを利用すれば、あなたが現職にどんな悩みを抱えているのかを理解した上で希望にマッチする求人を紹介してくれます。

勤務地や年収だけでなく、夜勤や残業はあるのかといった労働環境まで細かい希望に剃った求人を紹介してもらえるので、満足のいく転職をしやすいです。

看護師の転職に役立つサービス

  • 看護roo
    サポート実績30年以上!首都圏以外の求人も豊富
  • マイナビ看護師
    業界トップクラスの満足度!医療系転職支援のプロがサポート
  • 看護のお仕事
    地域密着型サービス!地域ごとのコンサルタントが求人提案します

看護師の転職は難しくない

基本的に看護師の転職市場は売り手市場です。厚生労働省の発表した「医療従事者の需給に関する検討会」によると求人倍率は全国で2.36倍です。また、47都道府県すべてにおいて1.0倍を超えています。そのため、看護師の転職は難しくないと言えます。

また、看護師は専門的なスキルを持っているため、一般的な職種の転職と比べると転職回数の多さで不利になることは少ないです。

しかし、場合によっては転職回数の多さで不利になることもあります。それは、在籍期間1年未満などの短期間で転職を繰り返している人です。

これは看護師以外の職種でも言えることであり、短期間で転職を繰り返していると「うちでもすぐに辞めてしまうのでは」と懸念されてしまいがちです。また、短期間で転職を繰り替えしている人を歓迎してくれる職場もあるものの、中には提示された条件よりも実際の労働環境が悪い場合もあるので注意しましょう。

これらの点から総合して、現職に就いてから1年未満の転職を考えている人は、一旦3年以上1つの職場で勤めあげてから転職をすることがオススメです。

現職への不満の裏返しで転職先を決めるのはキケン

現職への不満の裏返しで転職を考えると、「給料が高い」「残業が少ない」など1つの条件にこだわり過ぎて、他の条件を見ずに転職先を決めてしまいがちになります。

1つの条件にこだわりすぎると、転職時に抱えていた不満を解決したとしても新たな不満が出てきてしまい、転職を後悔してしまうことがあります。とはいえ、希望する条件をすべて満たす職場はなかなか見つかりません。転職をするときは、自分が希望する条件について優先順位を決めましょう。

また、転職時は自己分析をおこなうことも大切です。自己分析では「どんなことに不満があるのか」の他にも「転職後にはどんなキャリア形成をしたいか」「新しい職場にアピールできる自分の強みは何か」などを考えてみましょう。

この際に重要なのは、感情を切り離して自分を客観視することです。自己分析も転職先を決める際の重要な基準となるので、この作業にも時間をかけて取り組んでください。

関連記事自己分析なしの転職は失敗します。転職のプロが正しいやり方をご紹介!

病院以外で働くという選択肢も

病院の労働環境に耐えられない人は、病院以外への転職を検討することもオススメです。

一般的に看護師というと病院での勤務を真っ先にイメージしがちです。しかし実は、看護師の資格を活かすことで働ける勤務先は病院以外にも多く存在します。看護師資格を活かせる職場の例は以下の通りです。

  • 保育園
  • 介護業界
  • 訪問看護
  • 検診センター
  • 一般企業

これら他の業界、職種へ転職をすれば夜勤や残業も少なくなり土日祝日にしっかりと休みを取ることができます。また、医療ミスなど命に関わるプレッシャーも少なくなります。

しかし、1度看護師の現場勤務から離れてしまうと復職することが難しくなりがちです。他にも、労働環境が改善される分、収入は下がってしまうケースが多いので注意が必要です。

転職先が決まったら早めに退職の連絡をしよう

転職先が決まり、退職手続きをすることになったら早めに連絡をすることが重要です。病院の多くは人手不足に陥っているため、急に看護師がいなくなることは痛手となります。

また、転職先もいつまでも入職を待つことはできず、基本的には内定をもらったら遅くても3ヶ月以内に入職することになります。

加えて、看護の仕事は引き継ぐ内容が多いため、できる限り2ヶ月~3ヶ月以上前に退職の旨を伝えることができると、引き継ぎがスムーズに進みます。

ちなみに退職願・退職届の書き方については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

関連記事【看護師向け】退職願の書き方完全マニュアル!提出の流れまで解説!

看護師がマッチした求人を探すなら転職エージェントの利用がオススメ

看護師の転職では、転職サイトなどを利用して求人を探すことは可能なものの、サイトに記載されている情報だけで職場が自分にマッチしているかを判断することは難しいですよね。

自分にマッチした求人を探すなら、転職エージェントの利用がオススメです

転職エージェントは転職者の求める条件と、その人の持っているスキルや経験から、希望にマッチした病院を判断してくれます。他にも必要な履歴書作成や面接対策など、転職活動のあらゆる面をサポートしてくれます。

とはいえ、転職エージェントのサービスは担当するエージェントによって質が変わります。そのため、転職エージェントを利用するときは2〜3社同時登録することがオススメです。複数のエージェントを登録することで、自分に合うキャリアアドバイザーを効率良く探せます。

医療系特化型エージェント

利用した看護師の満足度は業界トップクラス!
求人数も豊富で非公開求人を数多く取り扱っています。

ポイント

  1. 利用した看護師の満足度96%!
  2. 現場の看護師さんからヒヤリングしたリアルな情報が知れる
  3. 医療系転職サービスを複数展開しているので信頼できる

マイナビ看護師に
相談する

4年連続支持率No.1の転職サービス
転職成功実績は3万件以上!

ポイント

  1. あなたにぴったり合った求人を厳選してご紹介
  2. 残業・人間関係など内部の情報も提供
  3. 給料交渉・退職交渉を徹底サポート

医療ワーカーに
相談する

全国の主要な医療機関を網羅!
希望に合った求人が見つかる転職サイト

ポイント

  1. 全国12万件以上の求人を保有
  2. アドバイザーの対応満足度No.1 (ネオマーケティング調べ)
  3. 各地域に特化したアドバイザーが対応

看護のお仕事に
相談する

多くの看護師に支持されている転職サイト!

ポイント

  1. 登録者限定で非公開求人を紹介
  2. 日本最大級の医療機関の情報量
  3. 上場企業が運営しているのでセキュリティは万全

ナースではたらこに
相談する

医療系求人数No.1の転職サイト
利用者満足度は96%!

ポイント

  1. 転職成功でお祝い金をプレゼント
  2. LINEで無料転職サポートが受けられる
  3. 2万件以上の看護師求人を保有

ジョブメドレーに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント