オープンハウスへ転職するには?気になる評判や年収を徹底解説!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

長瀬智也さんが小学生の格好をしたCMを見たことがある人も多いのではないでしょうか。実はあれ、オープンハウスのCMなのです。

今回はそんなオープンハウスへ転職したい方向けに、気になる「オープンハウスへの転職難易度」「年収相場」「評判・口コミ」「オープンハウスへの転職を成功させるコツ」などを徹底的に解説していきます。

本気でオープンハウスへ転職したい方は、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね!

オープンハウスへ転職するのは難しい?


オープンハウスへの転職ですが、しっかりと事前に対策をしていれば、そこまで難しくはないでしょう。

不動産業界で人気の三井不動産や三菱地所と比べると、内定を獲得しやすいです。

ただ、選考ではオープンハウス独自の実技試験があるので、事前にどういう意図でおこなわれているのかなどを把握しておくと安心です。

実技試験に対するアドバイスなど、色々なアドバイスを記事全体を通して説明していきますね。

オープンハウスってどんな会社?


オープンハウスは東証一部上場企業で、不動産仲介をはじめとする事業を展開しています。

東京を中心に、13,000名を超える顧客に「住まい」を提供しています。

具体的には「不動産売買の代理・仲介事業」や「新築戸建分譲事業」「マンション・ディベロップメントや不動産投資・金融事業」など、不動産に関連する幅広い事業を手がけている会社です。

オープンハウスの直近の実績は?


オープンハウスは「戸建事業」「流動化事業」「アサカワホーム」「マンション事業」「仲介事業」の5つの事業から成り立っており、どれも好調に業績を伸ばしています

直近の実績ですが、各事業の連結売上は3046億(昨対比123%)、営業利益は376億円(昨対比120%)と好調です。

ちなみにオープンハウスは、1件当たりのハイリターンを求めず、比較的小規模・短期間で物件を積み重ねる戦術が特徴です。

以下でオープンハウスの売上比重が大きい「戸建事業」と「収益不動産事業」について、詳しく説明していきます。

戸建事業

オープンハウスの売上の約50%を占める戸建事業ですが、2017年期実績は、売上高「1,519億円(昨対比127%増)、営業利益173億円(昨対比135%増)と好調です。

都内のマンション価格の平均が7,129万円に対して、オープンハウスの平均価格が4,435万円と「価格面」で有利なことあり、不動産の引渡し件数が「3,155件(昨対比134%増)」と契約件数にて競合との差をつけています。

収益不動産事業

オープンハウスの売上の収益不動産事業の2017年実績は、売上高889億円(昨対比122%)、営業利益111億円(昨対比105%)と順調です。

営業利益率低下は、不動産価格の高騰が影響していて、物件獲得に対するコストが増えたことが影響しています。

ただ、売上の原資となる引渡件数は、「209戸(26戸増)」であり、営業力の低下ではなく、計画対比に対しては「増収増益」の実績となっています。

オープンハウスの今後の事業課題

今後のオープンハウスの経営課題は「事業エリアの拡大」です。

不動産業界では、REITや需要増の影響を受けて、首都圏の土地・建物価格は上昇を続けています。

「価格面」での優位性が強みであるオープンハウスにとって、「仕入れ原価の上昇」は経営に大きな影響を及ぼします。また首都圏のみの事業展開は有事の際の「事業継続のリスク」も当然高まります。

そのため、「首都圏以外の事業展開」というのが今後のオープンハウスの経営課題となります。

オープンハウスの仕事内容・職種


オープンハウスは大きく「不動産コンサルティング」「都市開発の企画・管理職」「技術職」の3つに分けられます。

職種によって仕事内容が異なるため、以下で、それぞれの具体的な仕事内容を説明していきます。

不動産コンサルティング

営業総合職とも言われる不動産コンサルティングは、「戸建住宅・マンションの紹介・用地の仕入れ業務」が主な役割です。

都市開発の企画・管理職

都市開発の企画・管理職には「企画・設計業務」「外注管理業務」「契約、決済業務」の主に3つの業務があります。

企画・設計業務
企画・設計業務は、「取得した用地を分譲する戸建住宅用地として、購入したいと思えるような住宅・土地になるように計画・設計すること」が主な役割です。

見込み客を取り扱うのでマーケティングスキルが求められます。

外注管理業務
外注管理業務は、「戸建事業において発注する関係企業との取引管理をおこなうこと」が主な役割です。

プロジェクトマネジメントのスキルが求められます。

契約・決済業務
契約・決済業務は、「不動産売買契約・重要事項説明書の作成やチェックをおこない、契約に関するリスクを未然に防ぐこと」が主な役割です。

契約に関する専門的な知識が求められます。

技術職

技術職には「住宅技術職」と「施工技術職」の2つがあります。

住宅技術職は、オープンハウスの強みである価格の優位性を維持しながら、「セミオーダーの家を建設するために住宅のデザイン設計業務」が主な役割です。

一方で施工技術職は、「デザインが決まった家を建てるためのスケジュール管理やモノの手配をすること」が主な役割です。

どちらも良い住宅をつくるために、非常に重要な役割を担っています。

オープンハウスの年収相場


成果報酬なので具体的な平均年収はありませんが、おおよそ800万円ほどなので、業界全体からみても高水準だと言えます。

平均年収は成果次第で大きく変わるので、口コミなどを参考に役職別年収を出してみました。

オープンハウスの役職別平均年収を知りたい人は参考にしてみてください。

年収
入社1年目 約400~600万円
入社3年目 約500~1,000万円
主任、係長 約700~1000万円
課長 約800~1,200万円

スピーディーな成長が求められ、少々ハードな環境ではあるものの、頑張りや実績には確実に報いる会社です。

不動産業界ではインセンティブ報酬が多いですが、オープンハウスは「固定給が高い」というのが特徴で、「実力に見合った給与がほしい」という人にはおすすめの会社です。

オープンハウスの労働環境


日本一の不動産流通企業を目指すだけに、社内の組織化も急ピッチで進んでいますが、経営側との距離が非常に近いのもポイントの1つです。

社長をはじめ管理職が常に従業員とコミュニケーションを保っているため、急成長企業に生じがちな「社内の温度差」もなく、共通の目標をもとに一人ひとりが高いモチベーションを維持しています。

また、若い従業員に挑戦するチャンスがたくさんあるので、管理職に置ける20代の比率が約70%を占めています。

他にも働く上で気になる労働時間、社内制度、仕事のやりがいについても詳しく説明していきますね。

労働時間

不動産業界は全体的に労働時間が長いので、当然のようにオープンハウスも労働時間が長い傾向にあります。

ただ、オープンハウスは一部上場企業なのもあって、「労働時間の上限」を設けるなど、長時間労働の抑制に努めています。

また長期休暇制度もあるので、リフレッシュする機会もしっかりとあるようです。

社内制度

部署ごとに研修が一任されており、上司とともに仕事を学んでいくという研修スタイルを取っています。

若い従業員にも挑戦するチャンスが多く用意されているので、一人一人の裁量が大きく、成長できる機会に恵まれていますね。

やる気と成果さえあれば、年齢関係なく昇進できるのもオープンハウスの強みの1つです。

仕事のやりがい

不動産事業なのもあって「一生に1度の買い物である住宅購入をお客様のニーズに応えながら設計、提案していく」ということに対して、やりがいを感じている人が多いです。

また、オープンハウスは一部上場企業でありながらも、ベンチャー気質の社風があるので「仕事を通じて個人の成長を感じることができる」という点にもやりがいを感じているようです。

オープンハウスの将来性

戸建事業を中心に、売上高2,000億円の早期実現、及び2020年には5,000億円を達成する目標を掲げています。

また、マンション開発や不動産金融ビジネスをはじめとする事業拡大にも注力しています。

将来的には都市計画事業に着手することも視野に入れ、『不動産総合商社』を目指した事業展開を積極的に推進しています。そのため、今後も着実に成長が見込めると言えるでしょう。

オープンハウスの評判・口コミ


オープンハウスに興味がある、オープンハウスへ転職したい、と思いつつも実際の労働環境ってよく分からないですよね。

そこで元社員や現在も働いている方からの評判を集めてみました。ぜひ、転職するかどうかの参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

オープンハウスは実力主義らしく、成果を出せば年収や出世に反映されるという口コミが多く寄せられていました。

不動産業界のため、労働時間が長くなりがちなのですが、労務担当者を置き、長時間労働を抑制しているという口コミも多かったです。

営業・31歳
成果に応じた評価をしっかりしてくれるので、頑張って成果を出せばそれだけ年収に反映されます。

本人の頑張り次第で出世も早いので、向上心が強い人にとっては良い会社だと思いますね。

営業・27歳
年々女性が働きやすい環境になっていると思う。

産休・育休を取得する人が増えており、中には時短勤務をしている人がいる。

事務・29歳
不動産業界はブラック企業と言われていますが、オープンハウスは各事業部に労務担当者を置いています。

その人が一人一人の勤務時間を厳しく管理しているので、ブラック企業という感じがしません。

間接部門・31歳
研修は座学というよりは現場で先輩や上司から学ぶといった感じ。

現場で1つ1つ学んでいくため、しっかりとマネジメント力などが身につく。

悪い評判・口コミ

実力主義・成果主義に対する不満が多く寄せられていました。

また、体育会系の社風が肌に合わず辞めていく人も多いとのことです。

ベンチャーな雰囲気や体育会系な社風が合わない人には向かない会社かもしれませんね。

営業・26歳
なんでも実力次第。成果を出せば、給料やボーナスが増えるけど……

頑張れば入社2年目で1000万円稼ぐ人もいるけど、プライベートの時間はないと思った方がいい。

営業・30歳
体育会系色が強いですね。大声で挨拶するのは絶対で、そういうのが合わない人にはツライ環境です。
営業・28歳
新卒は可愛がられるが、中途だと風当たりが強い。しっかり結果を出して見返さないと、どんどん立場がなくなっていって精神的にきつくなる。
事務・32歳
産休や育休があるものの、取得する人は少なくそのまま辞めていく人が多いです。

基本的に激務で、家庭と仕事の両立が難しく復帰する人は少ないのが現状です。

オープンハウスの選考情報


オープンハウスの選考の特徴ですが、面接に実技試験があることです。

選考でおこなう実技試験は、街頭アンケートです。

街頭アンケートをおこなう理由として、「仕事に対しての熱量」「ガッツ」「行動力」など、オープンハウスが求める人材であるかどうかを確認するためです。

そのため選考では面接も大切ですが、「実技試験の取り組み」が合否に大きく影響するのです。

ちなみに、面接では「将来的に会社に対して、どのような貢献をしたいのか」「前職ではどんな成果をあげたのか」といった即戦力として活躍できるのかも問われます。

オープンハウスは成果主義を重視しているため、前職でどのような成果を残したのかをしっかりと言語化しておくと良いでしょう。

オープンハウスへの転職を成功させるコツ


オープンハウスへ本気で転職したいのなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

自分で直接コーポレートサイトから申し込むより、転職エージェントを活用したほうが、内定獲得率が高くなるからです。

転職エージェントではセコムの採用に合わせた書類添削や面接対策などをおこなってくれます。プロのキャリアアドバイザーは、何百人もの転職者を支援してきた実績があるので、面接官に対して効果的なアピール方法を伝授してくれます。

また、業界事情・業務内容についても熟知しているので、様々なこともアドバイスしてくれるため登録しておいて損はないでしょう。

オープンハウスへの転職におすすめな転職エージェント

オープンハウスへの転職におすすめな転職エージェントをいくつかご紹介します!

大手の転職エージェントでも担当になるキャリアアドバイザーによって得意、不得意もあるので、まずは複数の転職エージェントへ登録をしてみて、自分に1番合うエージェントを見つけるようにすると良いですよ。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをおすすめします。

まずはここに登録すべし!定番エージェント!

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08