2019.08.14

キーエンスに転職したいなら見るべし!評判や成功するコツを大公開!

平均年収のランキング上位を常にランクインしているキーエンス。

センサーなどの産業装置の製造と販売を行っている同社は、新卒でも優秀な人材が多く集まり、高い営業力・営業マネジメントでも有名です。

今回はそんなキーエンスへ転職を希望する転職者に対して、キーエンスに転職するための方法を教えます。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

キーエンスに転職するための方法

多くの人がキャリアアップを狙って、キーエンスに転職をされたいかと思います。

では、キーエンスに転職するにはどのような方法があるのでしょうか?

キーエンスに転職するには、3つの方法があります。

  1. キーエンスのコーポレートサイトから、直接応募する
  2. 転職サイトから求人を探して、応募する
  3. 転職エージェントに相談して、転職する

この3つです。

1.キーエンスのコーポレートサイトから、直接応募する

もちろん、キーエンスはコーポレートサイトから直接応募することが可能です。

ただ、募集している求人をみると、募集していない職種もあります。

コーポレートサイトでは、営業職の募集はありませんでした。(2018年12月)

ただ、直接応募するとなると自らで履歴書の対策、面接の対策、選考フロー等を調べないといけないのでかなり自信のある方でないと困難な印象を受けます。

また、一般には公開していない非公開求人を確認することはできないので、コーポレートサイトですと求人を網羅できない可能性があります。

2.転職サイトから求人を探して、応募する

もう一つの方法としては、転職サイトから自分で求人を探して応募する方法があります。

コーポレートサイトと比較すると、コーポレートサイトに乗っていない求人が公開されていることがあるので、求人を網羅する上では活用してはいいのではないでしょうか。

ただ、転職サイトも直接、自分で応募し対策をしなければならないので、そういった面接対策等に自信のある方が利用するといいでしょう。

もし、自分で応募して、落ちてしまった場合、基本的に1年間は応募できないので、注意してください。

3.転職エージェントに相談して、転職する。

転職エージェントは、上記の2方法と比べると、内定をもらえるまで「支援」をしてくれます。

これが、大きな違いです。

「キーエンスへの転職」となると、「どんな所がみられるの?」「面接でどんな質問聞かれるの?」「予想外な質問こないのかな?」「何を準備すればいいのだろう?」

このような疑問・不安って、必ずありますよね。

正直な話、これらの疑問・不安を一人で解決するというのは非情に困難です。

ですが、転職エージェントであれば、企業側、求職者側の両方とコンタクトをとっているので、キーエンスが必要している人材の情報も持っていますし、それを元にあなたに対して面接対策も行ってくれます。

ですので、私としては少しでもキーエンスの転職に不安を持っているのであれば、転職エージェントは使うべきかと思います。

キーエンスの各職種への転職するには?

キーエンスは「付加価値の創造」で革新的な製品を生み出すことを大切にして事業を展開しています。

そのため、営業職を始め、ソフト・ハード・デザインなどの各分野での技術職や、生産業務に従事する職種の募集があります。

また全国に多数の営業所もあるため、各営業所で営業をサポートする事務職の募集も行われています。

キーエンスの職種は下記の4つです。

  • 営業職
  • 開発職
  • 技術職
  • 事務職

それぞれの、職種に転職する要項を説明しますね。

営業職への転職を希望する方

正直な話、上記で紹介した3つの方法でも「営業職」の求人は募集していません。

なぜなら、キーエンスには徹底した営業トークマニュアルがあることから、中途採用で営業職を雇用するよりは、新卒採用で優秀な人材を充足した方が効率がいいからです。

また、前職経験があるとその前職での文化や仕事の仕組みに慣れており、キーエンスのより時間に厳密な文化に慣れるのが難しいという面もあります。

その一方、新卒であれば、真っ白なキャンパスと言われるほど、文化に順応はしやすいので吸収も早いですよね。

「え、募集してないの?どうしたらいいの?」と思われたかもしれません。

そこで、そもそもの話を少しばかりさせて下さい!

そもそも、なんでキーエンスにあなたは転職したいのでしょうか?

多くの人が営業職でキーエンスに転職したいと望みますが、事実、キーエンス側が募集していないので入る術はありません。

実際、キーエンスに転職したいと希望する方は、「営業経験を一定積んだから、年収アップ、キャリアアップができる企業に行きたい」

このようなことを、思っている方が多いのではないでしょうか?

その代表例としてキーエンスという企業が思い立ったかと思います。

ですが、そうでしたら実際「キーエンス」でなくてもいいかと言えます。

事実、他にも、営業職で年収UPが望める企業が多数あります。

それは、どこの企業なのか結論からいうと、

  • インディード
  • セールスフォース
  • エス・エム・エスキャリア

このような企業が挙げられます。

もちろん、上記の企業は誰でも受け入れているわけではありません。

中途採用は即戦力採用ですから、無形商材の法人営業を3年以上の経験は必須になるかと思います。

その中で、上記の企業への転職方法を知りたい方は、下記の記事で紹介しているので転職の参考にしてください!

年収UPを狙って、インディードへの転職を希望する方は下記の記事から転職方法を確認しましょう。
indeed japanへ転職するには?気になる評判や年収は?
セールスフォースへの転職を希望する方は下記の記事から転職方法を確認しましょう。
セールスフォースドットコムへ転職するには?口コミや年収を大公開!
エス・エム・エスキャリアへの転職を希望する方は下記の記事から転職方法を確認しましょう。
エス・エム・エスキャリアへの転職|求人情報・面接対策を徹底解説

ただ、上記のような企業に興味がない人もいますよね。他にも年収アップが望める企業は実際あります。

ただ、キーエンスほどの年収よりは下がるかと思います。

その中で、営業職で年収アップが望める企業を知りたいなら、転職エージェントであるリクルートエージェントマイナビエージェントを活用するのがいいです。

リクルートエージェントは、求人数も業界大手で20代~40代と全体的に網羅しているエージェントですので、多くの企業を比較することが可能です。

マイナビエージェントは、20代~30代に強みを持っているエージェントです。

絶対に登録すべきおすすめ転職エージェント!

もちろん、20代~30代の求人数も豊富ですので、20代後半で年収アップを求めて転職するのであれば、企業が非公開求人として扱われている可能性もあるので、活用するべきでしょう。

開発職への転職を希望する方

開発職の中でも、主に3つに分類されます。

  1. 自社ソフトウェアの開発
  2. ハードウェア関連
  3. デザイン関連

それぞれ、どのような経験・スキルがあればキーエンスに転職できるのでしょうか?

自社ソフトウェアの開発

経験として、設計事務(5年以上)、マネジメント経験、開発プロセス経験が必要になります。

また、スキルとしては、「C言語、C++/C#」が必須になるようです。

ハードウェア関連

経験として、電気・電子機器の設計、回路設計を5年以上の実務経験がある方が対象となっています。

デザイン関連

自社の製品やソフトのグラフィックデザインをやる仕事になります。

経験として、電機系、精密機器のデザインを実際にやった経験が必要になります。

技術職への転職を希望する方

自社SEとマーケテイング関連の採用です。マーケテイング関連は、キーエンスのビッグデータを用いたデータサイエンティストの仕事になります。

経験・スキルとしては、Python/Rなど、スクリプト言語を自由に扱え、大規模ファイルやデータベースにアクセスし大量の構造化データから分析に必要なデータフォーマットを設計、データ加工(クレンジング)ができるような人材が求められています。

開発職や技術職として、キーエンスに転職望むのであれば、 レバテックキャリアマイナビITを活用しましょう。


転職エージェントによって、保有している求人が異なるので、特化型1社だとキーエンスの求人を保有していない可能性があります。


ですので、レバテックキャリアマイナビITの特化エージェント2社に加えて最大級の求人を保有するリクルートエージェントを同時に活用すれば求人を逃すリスクをなくすことができます。

事務職への転職を希望する方

事務職の内訳として、生産、経理、営業に分かれます。

生産事務は、部品を調達するバイヤーや物流が仕事内容となります。もちろん、部品の調達や物流の経験が必要になります。

また、海外との連携もあるため、ビジネスレベルの英語力は求められるようです。


経理事務に関しては、上場企業(メーカー)での税務申告・管理会計の経験が5年以上必要になります。また、ビジネスレベルの英語力も必要になります。

営業事務ですが、(2018年12月)では募集がありません。

キーエンスって何をしている会社?

各種センサや電子計測器、制御機器メーカーでありながら、工場を持たないファブレス体制を敷き、高収益体質の会社です。

キーエンス社の製品は、FA(ファクトリーオートメーション)向けの製品と研究開発をサポートする分析装置、センシング装置がメイン製品となります。

競合としては、オムロン社、アジレントテクノロジー社、オプテックス社など。

有名上場企業が名をつられますが、ビジネス上の競合であり【製品競合】ではないのが、キーエンスの強みになります。

どういうことかというと、他の競合他社が製品化する前に、キーエンス社は製品化に成功するからです。

どの企業も、ユーザー(メーカーの生産技術者、メーカーの研究開者)からのニーズを捉えて製品化しますが、キーエンス社はユーザーのニーズの前の【シーズ】を捉えた製品化を実現してしまいます。

世界初、業界初の製品を開発し高付加価値製品を手掛けるメーカーが高収益体制を生んでいます。

たくさんあるキーエンスのグループ会社

  • キーエンスエンジニアリング株式会社
  • 株式会社アピステ
  • 株式会社エスコ
  • 株式会社イプロス
  • キーエンスソフトウェア株式会社

他に、19ヵ国の海外子会社、そして持ち分法適適用関連会社としてジャストシステム社がグループ会社となっています。

キーエンスの本社・オフィス

キーエンスの本社は大阪となっており、新大阪駅のそばにあります。縦長の高層ビルで、淀川の対岸には梅田を望める開放感のあるビルです。

本社には食堂も完備されており、従業員が働きやすい環境となっております。

キーエンスの給与(年収など)ってどのくらい?

キーエンスの年収がいくらくらいであるのか、皆さんご想像つきますでしょうか?

今回は年齢別・職種別の平均年収をご紹介していきたいと思います。

年齢別の平均年収

まずは、年齢別の平均年収からご紹介していきます。

  1. 20〜24歳・・・1,121.3万円
  2. 25〜29歳・・・1,520.5万円
  3. 30〜34歳・・・1,754.6万円
  4. 35〜39歳・・・1,917.3万円
  5. 40〜44歳・・・2,070.1万円
  6. 45〜49歳・・・2,242.6万円
  7. 50〜54歳・・・2,350.7万円
  8. 55〜59歳・・・2,263.8万円
  9. 60〜64歳・・・1,515.2万円

上記が年齢別の平均年収です。

年齢別の平均年収の中で最も高いのは、50~54歳です。

しかし、20代から平均年収1,000万円を超えているので、働かれている社員の方々の満足度も高くなっています。

職種別の平均年収

続いては、職種別の平均年収についてご紹介していきます。

  1. 営業系・・・911万円
  2. 企画・事務・管理系・・・950万円
  3. クリエイティブ系・・・850万円
  4. IT系エンジニア・・・1050万円
  5. 電気・電子・機械系エンジニア・・・970万円
  6. 建築・土木系エンジニア・・・850万円

上記が職種別の平均年収です。

職種別の平均年収で高くなっているのは、IT系エンジニアです。

全体的に800万円を上回っていますので、高年収であることがわかりますね。

キーエンスの年収について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください!

キーエンスの年収は2110万円!給与が良い理由や内定を得るコツを紹介

賞与・給与(評価)制度

キーエンスの給与水準は、非常に高いと言えます。業績賞与が加味され、業績に応じて給与変動が生じるみたいです。

やった分だけ評価される文化があるため、一生懸命業務に励めば収入をさらに高めることができます。

評価制度が導入されていますが、実力評価の傾向が強いので、それにより金額の増減も大きくなるそうですよ。

賞与は年4回用意されており、その金額も大きなものとなっていて、社員の方々も満足しているとの声が多かったです。

残業時間

気になる残業時間についてですが、やはり多い傾向にあるようです。

人事部を筆頭に退社時間を早めるよう促しているようですが、業務量が減っていないため、朝早く出勤する、もしくは休日出勤するしかないとの声も。

製造メーカーだと朝が早いとの声も寄せられており、3ヶ月に一度、1日無理やり休暇を取得させられるとの不満も寄せられています。

また、年2回全社的に土曜出勤があるそうです。

キーエンスの評判・社風・クチコミ(転職会議)

キーエンスの評判・社風・カルチャーなどについて、やっぱり気になってしまうものですよね。その気になる詳細についてご紹介していきます。

どういう社風・文化があるのか

キーエンスは、役職・年齢、キャリアに関係なく、「さん」づけで呼び合う社風となっているようです。

ルールが明確化されており、徹底的に営業活動を合理化するという風土があるのだとか。

無駄を省くことに注力する企業体質な部分もありますが、雰囲気がよく、コミュニケーションも活発だそうですよ。

非常にフラットで、社内の風通しが良いとの声も多く挙げられていました。

年功序列ではなく、実力主義・成果主義となっているため、評価制度でも売上成果やそのプロセスが重視される傾向にあるようです。

経営理念にある「最小の資本と人手最大の付加価値を上げる」という考えから、効率化を念頭に置いて取り組んでいるそうです。

また、オフィスには区切りがなく、会議の席順も自由になっているのだとか。

キーエンスの面接・SPIなど選考難易度

キーエンスの面接や難易度がどうなっているのか、事前に把握できるなら把握しておきたいですよね?

今回は、その選考フローや面接での質問内容などをご紹介していきます。

選考フロー

キーエンスの選考フローは以下の通りです。

STEP1.エントリー
STEP2.セミナー
STEP3.適性検査
STEP4.面接選考(複数回)
STEP5.内定

上記が選考フローとなっています。

エントリーする際、エントリーシートは不要みたいです。

その理由は、負担が大きくなることが1つ。

そして、エントリーシートでは真の姿が見えてこないため、選考に活用するのはふさわしくないと考えているからなのだとか。

セミナーについてですが、キーエンスの選考に参加するためには、会社説明会への参加が必須となっています。

適性検査はテストセンターでの受験となります。

ビジネス職は1次面接の実施と合わせて、エンジニア職はセミナー参加後にSPIテストセンターの受験案内が送付されます。

面接では、志望動機の類は一切質問しないそうです。

選考活動の最大の目的はマッチング。だからこそ、自然体のまま率直な気持ちや考えを答えていただきたいと考えているようです。

面接での質問例

キーエンスの面接では、どのようなことが質問されているのでしょうか?その質問内容についてご紹介したいと思います。

  1. 新規事業に必要な3要素は?
  2. 男性が多い職場ですが大丈夫ですか?
  3. 倫理的思考に必要な3つの要素は?
  4. ●●嫌いな人を●●好きにさせるよう説得してください

上記が質問されている内容です。

質問内容に注目してみると、「3つの要素」について質問されている傾向にあるのがわかりますね。

すぐ受け答えすることが難しい内容もありますので、事前に実際面接を受けた方の情報収集をするのが良さそうです。

女性の志望者に対しては「男性が多い職場ですが大丈夫ですか?」という質問が多くされているようです。

男性の方が多いということで、中には「やっぱり女性が少ないのは嫌だな」と思う方もいるでしょう。

お互いにミスマッチしないように、面接時に質問しているのだと思われます。


質問内容の中で多くの方が挙げていたのは、説得面接です。例えば、「私は犬嫌いですが、犬を好きにさせるよう説得してください」など。

どのようなお題が出されるのか様々となっていますが、説得できるよう対策をしておかれるのが良いでしょう。

SPI難易度

キーエンスのSPI難易度は、非常に高いと言えるでしょう。

その理由は、キーエンスの魅力にもなっているのですが、年収が高いことが挙げられます。

労働時間に見合った給与をしっかりと支給してくれますので、倍率も非常に高くなっていると考えられます。

もう一つの理由としては、商品開発力が非常に高いという点です。

内定をもらうためには、魅力的な応募書類の作成や、入念に面接対策を行っておくのが良さそうですね。

キーエンス出身者の転職先・キャリアパス

営業としての経験なのか、エンジニア(技術系)の職種なのかで転職先やキャリアパスは大きく異なってきます。

技術職の場合はその技術力を活かして他のメーカーや技術コンサルティングなどの職種への転身があります。

営業職については、ハードな環境で高い実績を上げる営業を経験しているので、様々な企業で営業として活躍頂けるチャンスがあります。

また、知見やノウハウ、人脈を活かして独立することも可能です。

キーエンスへの転職は、大手の転職エージェントか、中小エージェントに非公開求人として、依頼する事があります。

志望企業への転職は、コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。

仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。

また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策など様々なことしてくれるためマイナスにはなりません。

各サービス毎に、特徴があるため今の自分が何を求めるかどうかを考え利用をしましょう。

また、大手の転職エージェントは人数も多く実際のところ担当になるアドバイザーの質によって左右されます。

そのため本当にキーエンスへの転職を成功させたいのなら、いくつか他のエージェントも見て判断を見極めるべきです。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。