大学中退したフリーターに正社員は無理?就職に重要なコツを伝授!

大学中退したフリーターに正社員は無理なの?人生詰んでる?と悩んでいる人必見!就活のために超重要なコツをプロが伝授します!

その他、おすすめの職種、ブラック企業の見極め方、成功者の体験談を紹介しています。

大学中退フリーターは正社員を目指したほうが良い

大学を中退したあとフリーターをしているという人は多いですが、このままでいいのか?という不安な気持ちがあったり、幸せになりたい気持ちを求めるならば、すぐに正社員を目指したほうが良いです。

なぜすぐに正社員になることをおすすめするのかという理由は、フリーター期間が長引くほど正社員への道が遠ざかってしまうからです。

また、フリーターと正社員の生涯年収には1億円以上もの格差が生まれ、フリーターのままでいると経済面でも厳しくなってくるので、早めに行動することをおすすめします。

大学を中退したフリーターが置かれている現状

大学を中退したフリーターの人は、まず自分の置かれている状況を把握しましょう。

大学を中退したことで、どんなデメリットがあるのかを以下で紹介します。

  • 大学中退というマイナスイメージ
  • 求人の幅が狭い
  • 大卒に比べ収入が低い

「大学を中退した」というだけで「我慢ができない」「継続性がない」「やりたいことしかできない人」というマイナスイメージを抱かれてしまいます。

また、大学中退者の最終学歴は「高校卒業」になるので、大卒以上の求人には応募できません。

とくに大手企業や有名企業は、大卒者を募集条件にしているケースが多いので、求人の幅が狭くなります。

さらに、厚生労働省の「学歴・雇用形態別の時間当たり収入、年収」というデータによると、最終学歴が高卒と大卒では年収に約100万円以上の差があり、大卒者よりも大学中退者のほうが収入が低いです。

大学中退フリーターの就職は自己分析が超重要

大学を中退して、現在フリーターをしている人が正社員になるには、まず自己分析をすることが重要です。

自己分析とは、自分の強みや経験・スキル、これからのキャリアを分析・把握することです。

大学中退となると、大卒に比べて難しい条件下での就活を余儀なくされるため、どうやって就活を進めてどうやって企業にアプローチするかという方針を考えなければなりません。

また、面接では「なぜ中退したのか」という質問を必ずされるので、中退した理由をしっかりと言語化できるところから自己分析を始めると良いです。

やり方が分からない場合は、リクナビNEXTのグッドポイント診断がおすすめです。質問に答えるだけで自分の強みが分かります。

効率的な自己分析のやり方は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事自己分析なしの転職は失敗します。転職のプロが正しいやり方をご紹介!

大学中退フリーターにおすすめの職種

大学中退者で現在フリーターの人におすすめの職種は、以下の3つです。

各職種について、順に解説していきます。

営業職

営業は、専門スキルよりもコミュニケーション能力や人柄が重視される傾向が多いため、未経験でも挑戦しやすいです。

「営業」とは言っても、以下のような種類があります。

  • 新規営業
    取引がなく、面識のない企業に対しての営業

  • 既存・ルート営業
    すでに取引している顧客に対しての営業

  • 深耕営業
    顧客が求めている新たなニーズを探り、取引を増やす営業

営業=ブラックという印象がありますが、営業の種類によって違うので、一概にもブラックだとは言い切れません。

営業マンがいればいるだけ企業の売り上げが伸びるので、企業にとっては売り上げを上げるために営業職の採用をするメリットがあります。

未経験者が採用されやすい理由として、経験者を求めてしまうと未経験者よりも集まりが悪いので、企業の売り上げや成長のスピードが落ちてしまいます。

ですので、多少妥協をしてでもなるべく早く未経験者を採用して、生産性を上げようとしています。

営業職について気になる人は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事【保存版】営業の仕事内容と業界別の年収を徹底解説!
関連記事未経験でも営業職に転職できる?プロがぴったりな業界を大公開!
関連記事営業のやりがいって?大変なのに頑張れる魅力を転職のプロが教えます!

事務職

事務職は、未経験でも働けて、求人の多く出ている仕事です。

また、事務職は女性向けの求人が多く、将来結婚や出産を考えている人に働きやすい環境が整っていることが多いです。

事務の仕事内容は、書類作成や書類分類・データ入力・電話対応などの一般事務を思い浮かべる人が多いと思いますが、他にも以下のような専門的な事務職があります。

  • 営業事務
    業務内容:営業職の見積書・企画書・発注書などを作成、電話対応など

  • 経理事務
    業務内容:伝票の仕分けと処理、帳簿の清算など

  • 人事事務
    業務内容:採用や退職・部署異動・社会保険の手続きなど

  • 総務事務
    業務内容:文具・オフィス用品の管理、防犯や防災対策など

  • 法務事務
    業務内容:契約書のチェック・管理など

  • 貿易事務
    業務内容:貿易に関する書類作成・申請、飛行機や船舶の手配、輸送先の倉庫の手配など

事務職は人間関係の構築が大事になってくる仕事なので、社長の顔が見えるような小規模な会社の事務が狙い目です。

デメリットとして、正社員としての雇用が少ないことですが、上記で挙げた事務職の種類の中であれば、営業事務はチャレンジしやすいです。

事務職について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事女性が事務職への転職を有利に進める方法!オススメ資格も紹介!

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、年齢がある程度若く、必要な資格があれば未経験でも働くことは可能です。

最近では、派遣会社でエンジニア資格取得のための講座を無料で受けられ、資格が取得できたら派遣をしてもらえるという環境が整っていることもあり、非常に需要のある仕事です。

派遣会社での募集が多いため、まずは派遣会社に登録することから始めてみましょう。

インフラエンジニアで必要な資格は、以下の通りになります。

国家資格

  • ITパスポート
  • 基本情報処理技術者
  • 応用情報処理技術者
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト

ベンダー資格

※ベンダー資格とは、ベンダーというIT関連製品を製造・販売する企業が自社で開発した製品について、適切な操作技術や管理技術を満たしているか?ということを認証するための民間資格制度です。


  • Linux技術者認定 LinuC レベル1
  • Linux技術者認定 LinuC レベル2
  • Linux技術者認定 LinuC レベル3
  • シスコ技術者認定 CCNA
  • シスコ技術者認定 CCNP
  • シスコ技術者認定 CCIE

インフラエンジニアは、資格の有無で価値が決まり、年収が大きく変わってきます。

ただ、エンジニアの場合、派遣だとしても未経験からの正社員登用はありませんが、インフラエンジニアの場合は、常駐派遣であれば未経験でも正社員として拾ってもらえるかもしれません。

インフラエンジニアは実務経験をゆっくりと積むことになるので、スキルを高めやすく、実力を身に付ければ高卒でも正社員になれる可能性があります。

インフラエンジニアについて興味のある人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事インフラエンジニアのキャリアパスは?未経験で働く方法や将来性を徹底解説

心地よく働けるブラックではない職場探しのコツ

上記で紹介した営業職・事務職・インフラエンジニアは、未経験からでも積極的に採用してくれますが、すべてがホワイト企業というわけではなく、残念なことにブラック企業も混ざっています。

ブラック企業によくある特徴として、以下の4つが挙げられます。

  • 職場で日常的に怒鳴り声が飛んでいる
  • 残業が異常に多く、常態化している
  • 給与が相場よりも異常に低い
  • 世間的に非常識なルールや強要事項がある

ブラック企業に入社してしまうと、自分の経歴に傷がつくのだけでなく、場合によっては身体・精神も傷ついてしまうことがあります。また、焦って就職先を決めるのではなく、慎重に企業を選び、見極める必要があります。

ブラック企業・ホワイト企業に興味のある人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事ブラック企業の見分け方!16つの業界を転職のプロが暴露
関連記事ホワイト企業に転職したい!探す方法や業種・職種をぶっちゃける!

大学中退したフリーターが正社員として成功した体験談

大学を中退してフリーターになった人が、就職に成功をさせたリアルな体験談を、実際に聞いてみました。

営業・25歳

大学を2年生の時に中退し、当時から続けていたアルバイトをそのまま2年間続けました。

周りの友人が就職する中、自分だけがフリーターであることに不安を感じ、23歳のときに就活を始めました。

縁があり、地元企業の営業職に採用されました。

営業職は「つらい」「しんどい」などあまり良いイメージはありませんでしたが、営業先のお客さんや同僚にも恵まれ、楽しく毎日を過ごしています。

「就活しよう!」と思い立って本当によかったと振り返っても思います。

事務・26歳

大学1年生の冬に「大学の授業が面倒くさい」というネガティブな理由で大学の授業に行かなくなり、退学しました。

その後、3年間フリーターを続けていましたが、友人に「就職したほうが良い」とアドバイスされ、不採用ならまたフリーターに戻ればいいやと軽い気持ちで就職活動を始めました。

アルバイトや派遣社員から正社員が目指せそうな事務職を選びましたが、まだそこまで就職する気になっていなかったわたしは、派遣社員からスタートの事務職にホッとしていました。

いざ仕事を始めてみると、アットホームな会社で居心地が良く、仕事を一生懸命頑張れる環境で、あっという間に正社員に採用となりました。

続けられそうな仕事や、社内の環境って大事ですね。派遣社員からだったので、社内がどんな雰囲気なのか事前に知れて良かったです。

プロに頼るほうが就職を成功させやすい!

大学中退後にフリーターをやっている人が就職を成功させたい場合、就活のプロに頼るのがおすすめです。

とくにフリーターの支援に特化している就職エージェントがおすすめです。フリーターに強い就職エージェントは、これまで多くのフリーターを正社員にしてきた実績があります。

その実績に裏付けされたノウハウを活かすことで、就職エージェントの就職成功率は80%を超えています。

実際に就職エージェントでどのようにサポートを受けられるのか、以下で簡単にご紹介します。

  • 就職に関するキャリア相談
  • ブラック企業を徹底排除した求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス
  • 応募企業に合わせた面接対策
  • ビジネスマナー講座などの開催
  • 入社後のアフターフォロー
  • 面接などのスケジュール調整

就職エージェントによって細かい部分は変わってきますが、利用すると上記のサポートを無料で受けることができます。

そこでおすすめの就職エージェントを2社ご紹介します。可能であれば両方に登録し、2社を比較しながら、自分ともっとも相性の合う就職エージェントにサポートを頼むと効率良く就活を進められます

フリーター・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録することがおすすめです。

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

大学中退したフリーターに読んでほしい記事

大学中退したフリーターの皆さんに役立つ情報を集めましたので、参考にしてみてください。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント