【ケース別】転職で大変だったことを教えます!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

漠然と「転職をすることは大変そうだ」と思っていらっしゃる方も多いかと思いますが、そのイメージは決して間違いではありません。

限られた時間で、精神的にもプレッシャーのかかりやすい転職活動。具体的にはどのような点において大変と感じる人が多いのでしょうか。

今回の記事では、具体的な転職活動における大変だと感じることやその対処法についてご紹介していきましょう。

転職って大変なの?

冒頭でお伝えした通り、転職活動を大変と感じる人は実際に非常に多いと言えます。では、何がそれほど大変なのでしょうか?

大きく分けると、3つのカテゴリーにその苦労は分けられるでしょう。

■ 精神的な大変さ

「本当に内定がもらえるのだろうか?」という先行きが見えない不安や、「お世話になった現在の会社に迷惑をかけないだろうか?」といったすでに築き上げてきた関係性などへの気遣いなど、転職活動は精神的に疲れる場面がどうしても増えます。

この点が多くの人が感じる転職活動の大変な部分でもあり、多くのシチュエーションで感じる可能性があることが想定されるでしょう。

■ 時間的制約に関する大変さ

次に挙げられるのは時間に関する大変さです。現職を続けながらの転職活動となると、面接などの転職活動自体に求められる時間はもちろん、書類の準備や選考対策の時間、内定後も引き継ぎなどが必要となり非常に忙しくなります。

■ 金銭的な大変さ

また、なかには転職活動中に金銭的に大変な思いをするケースも少なくありません。特に離職してからの転職活動の場合は当面の生活費などについて不安があり、大きなストレスとなることも少なくないでしょう。

このように数々の大変さが想定されますが、具体的にどのような場面でこうした大変さが現れるのか、次項以降で順番に解説していきます。

その前にどういった転職方法があるのか、軽くご紹介いたします。

大変な転職を成功させるために

「転職大変そうだなぁ」と考えるそこのあなた、ひとえに転職といってもその方法は複数あります。
自分に合った転職方法を選び、希望先の内定をゲットしましょう!

あなたが転職したいと思ったとき、転職方法は主に4つの選択肢があります。

  1. 企業の採用ページから直接応募する
  2. wantedlyやlinkedin を利用して企業とコンタクトを取る
  3. 企業が開いているイベントや勉強会に参加する
  4. 転職エージェントを利用する

詳しく説明していきますね。

企業の採用ページから直接応募する

企業の採用ページか直接応募する場合、履歴書・職務経歴書の準備や企業とのやりとり、面接など、当然の事ながら、全て自分で動かなくてはなりません。

職務経歴書の不備や電話対応は「本当にこれでいいのかな?」「さっきの対応マズかったかも…」など、結構ストレスがかかりますし、現職を続けながらの転職活動の場合は、タイムリーな対応ができなかったり、面接対策に十分な時間を確保できないなどの大変さがあるでしょう。

wantedlyやlinkedin を利用して企業とコンタクトを取る

次に、wantedlyやLinkdinを使って企業とのパイプを作り、まずは気軽に話を聞きに行くという方法です。

特にwantedlyは、有名企業やベンチャー、スタートアップ企業が多数登録しており、気軽に気になるオフィスに話を聞きにいくことができます。
また、登録しておくと知り合いの繋がりが見えて安心できたり、プロフィールを埋めておけば企業側からスカウトがくる場合もあります。

企業側としては、出来るだけ面接のハードルを下げて優秀な人材を採用したい思惑があります。
一方で、転職者側は、会社のことを知った上で選考に進むことができるので、その点はメリットですが、面接の前にまず「面談」という形で訪問することになりますので、内定までのステップが一つ増える分、時間の捻出が難しいケースもあるかもしれません。

企業が開いているイベントや勉強会に参加する

こちらはマーケティングやエンジニアの方が、気になる企業が開いているイベントに参加して、その後の座談会などで社員と話すことを指します。

メルカリをはじめとして、ベンチャーを中心にイベントやリファラを通じた採用が増えてきており、自分のスキルや経歴が企業担当者の目にとまることで、企業側からオファーがもらえることもあります。

自分のスキルや経験に一定自信があり、「良い会社があれば転職したい」という気持ちで転職先を探している段階の方にはオススメの方法です。

転職エージェントを利用する

多くの方にとって、オススメできるのが、最後に紹介する「転職エージェントを利用する」という方法です。

転職エージェントはあなたに代わって、転職に必要な手続きをしてくれます。
例えば、志望企業の面接対策や、履歴書の添削などの選考対策や、面接の日程調整業界・企業の分析までも行います。さらには給与交渉も請け負います。
上記のようなサポートにより、1人で転職活動を行うよりはるかに効率的に転職活動を楽に進めることができるでしょう。

転職エージェントは無料ですので、転職の意向が強くない方でも、キャリアについて悩んでいるのでしたら相談してみることをお勧めします。

登録・相談したからといって、エージェントが転職を強要することは滅多にないのでご安心ください。(ごく稀に強要してくる人もいますが、その場合は契約を打ち切ってしまいましょう。)

ただ、転職のサポートをしてくれるキャリアコンサルタントは、それぞれの経験やスキルもピンキリです。誰に当たるかで、サポートの質は大きく変わってしまいます。

優秀なキャリアコンサルタントに当たる可能性を高めるためには、1社だけではなく複数の転職エージェントに登録することを強くおすすめします

まずは登録して、直接キャリアコンサルタントに会ってみて、実際にサポートを受けてみてください。その中から自分と相性が合う転職エージェントと一緒に転職活動を進めていくことが、転職を成功させる近道です。

定番の大手エージェントの中から2~3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみましょう。

まずはココ!全ての転職者にオススメの転職エージェント

末永

ここからは現役キャリアコンサルタントの私が、あなたの転職の成功に直結するエージェントについてご紹介いたします。

まず転職を考えたら鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaですね。
上記3社は共に業界最大手で、豊富な求人数があることから、年齢や職種、業界に関係なく、どんな人にもオススメできる転職エージェントです。

初めて聞くエージェントよりも、誰もが知る大手エージェントのサポートの方が安心感がある方も多いのではないでしょうか。

また、その安心感を感じるのは求人を出す企業も同じことで、大手メーカーなどにその傾向が強いですが、有名な業界トップのエージェントにのみ求人を出す、という企業もあります。

そのため、他のエージェントにはない求人が大手3社にはある、ということはよくあるのです。もしかすると、あなたの行きたい優良企業の非公開求人は大手3社にしかない、もっと言えば、この3社のどこか1つにしかないかも知れません。

つまり、転職を考える際、この3社のうち少なくとも1つには登録しておくのは、もはや必須事項だと言えます。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

 

年収500万円以上のミドル層・管理職に強い転職エージェント

末永

前提として、ハイレイヤー層向けの求人はそもそも少ないため、転職サイトと転職エージェントを併用して転職活動を進めるのが最良の選択です。

35歳以上の方におすすめできる転職エージェントは、ビズリーチJACリクルートメントです。

ビズリーチは、企業から直接オファーをもらえる転職サイトです。

JACリクルートメントは、ハイレイヤー向けの求人が豊富な転職エージェントです。

ハイレイヤー向けの方は、ビズリーチJACリクルートメントには両方登録して、求人を網羅することをオススメします。

 

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

転職の面接で大変だったことは?

でははじめに、転職の面接に関する大変さについて詳しく見ていきましょう。よくあげられる大変さには、以下のような内容が挙げられます。

■ 時間がないなかで面接の準備を行うことが大変

これは、時間的制約に関する苦労の代表例でしょう。現職中に面接の対策を行うのは、終業後や休日など時間が限られており、多くの人が苦労するポイントです。

転職活動開始前にある程度の計画を立てたり、そもそも現職の繁忙期を避けて時間を確保できるように工夫する、必要な情報が得られるように転職エージェントを利用するなどの手立てを考えると良いかもしれません。

■ 聞かれて困る質問への回答

面接そのものに大変さを感じるケースでは「聞かれて困る質問への回答」が挙げられるでしょう。

例えば、「在職期間が短い理由」や「転職回数が多い理由」などは最たる例でしょう。また、「転職理由は何ですか」と問われた際に、本音は人間関係の悪さや給与の低さなどあまり表向きに言いたくない場合などは答え辛さを感じることもあるかもしれません。

このような状況への対処方法は、事前準備に尽きます。転職への姿勢が前向きに感じられるような転職理由の伝え方や、ネガティブに感じられる可能性のある自分の経歴の伝え方をどのようにするべきかしっかりと考える時間を持ちましょう。

■ アピールできる具体的な実績が伝えられない

加えて、面接へ大変という思いを抱きやすいケースには「アピールできる具体的な実績が無い!」と思っている方が多いのではと思います。

営業職で営業成績が振るわなかった場合や、数値化された目標が付与されていないような職種の場合、入社間もなく伝えられるような実績がない場合など状況は様々でしょう。

転職活動自体で大変だったこと

次に、転職活動そのものにおいて大変な点についてご紹介していきましょう。

有給を多く使うようになり、周りへの気苦労が絶えない

よく挙げられるのは有給を使うことによる気苦労です。特に内勤の場合や普段有給を取ることができないような職場であると、これを理由に転職活動が社内の誰かにバレてしまうなんてことも少なくありません。

大切な面接のために有給を利用すること自体は避けられませんので、まずは現在の仕事を疎かにせず、円滑に進められるようにすることが第一です。そのために、面接調整に時間の手間を取ることのない転職エージェントを利用するなどの方法を選ぶことも必要でしょう。

離職してからの転職活動で、なかなか転職先が見つからず苦労した

次に挙げられるのは離職してから転職活動をして苦労するケースです。これは前述した通りですが、金銭的なリスクが付きまとうことに加え、やはり精神的にもストレスが溜まりやすい傾向にあります。

離職期間が増えることによって転職成功率が下がりやすいというリスクもあるので、離職前によく考えた上で転職活動の進め方を決めるようにしましょう。

家族と揉めてしまった

家族がいる場合、転職活動に関して応援・反対それぞれ意見があり、具体的に転職活動が進んでくると揉めてしまうケースも見受けられます。

特に転職先が転勤の有る場合、給与が下がる場合、業界が変わって将来性が不透明な場合などは、途中で反対を受けてしまう転職者の方も少なくない印象です。

転職活動スタート前によく話し合った上で、円満に進められるように調整をしておく方が無難でしょう。

退職交渉で現職の会社と揉めてしまった

最後に挙げられるのは現職の会社と、退職交渉で揉めてしまうケースです。強い引き止めにあった場合や、就業規則上の退職ルールによって退職日が認められず、希望の入社希望日に折り合いがつかないといった内容が多く見受けられるケースでしょう。

退職に関する規定を確認し、引き継ぎも無理のないスケジュールで進められるように事前に想定をしておくことが重要です。

女性の転職で大変だったこととは?

最後に、「女性の転職で大変だったこと」についてご紹介していきましょう。多くの方は性別に関わらないポイントについて、男性と同様苦労されるケースが多いのですが、やはり女性特有の苦労があるケースも少なからず見受けられます。

結婚、出産、育児などのライフイベントによって転職先への条件が増えやすいことによる影響

一番に挙げられるのは、やはり女性特有のライフイベントに関連して転職が難しくなるケースがあるという点でしょう。

  • 結婚によって転勤ができないのではないか
  • 育休、産休などを入社後すぐに取得する可能性があるのではないか
  • 育児中で、子供の体調によってよく休むことがあるのではないか

など、転職時に気にされるポイントがあるのは確かです。このような場合、自分が対処できない内容に対して嘘の回答などをしてしまっては自分首を絞めるだけなので、現実的にやっていけそうな環境であるかどうかを見極めておくことが前提としては重要となるでしょう。

また、同じような状況で働く女性社員が多い環境であれば既に総合理解も進み、助け合いの風土もできていることが多いので、そうした点も見極めポイントとして転職先を探すことも必要です。
難しい部分がある一方で、女性をターゲットに積極的な採用活動を行う企業も増えていますので、これまでの経験をアピールして転職成功を目指しましょう。

末永

女性にオススメの転職エージェントは、type女性の転職エージェントです。

名前の通り、女性の転職に特化しており、女性が働きやすい企業を厳選して紹介を行ってくれます。実際女性に人気の職種である事務職やサービス系の職種を多数掲載しています。

結婚や出産後でも、正社員として長く働きたいという方にお勧めです。

大変な転職を成功させるには?

結論から言うと、転職に関して相談するだけの場合でも、転職エージェントを利用することをおすすめします。
本来、自分で企業の求人に応募するよりも、転職エージェントを通してエントリーした方が、通過率が高まる場合が多いからです。

優秀なキャリアコンサルタントであれば、エントリー時にあなたの書類が埋もれてしまわないように、企業側にあなたの経歴だけでなく、人柄も含めてプッシュしてくれるなど、選考通過率を高めるよう動いてくれます。

就業中の方でもコンサルタントが、面接日程の調整をしてくれますので、安心してスケジュールを任せられるのも嬉しいところです。
離職をしなくても効率よく転職活動が行えますし、離職されている方でもスムーズに転職を成功させられるかと思います。

また、相談時にあなたのスキルや経験を見た上で、志望企業の通過率の温度感を事前に伝えてくれるでしょう。
女性の方はライフイベントに関する悩みもあるかと思いますが、その悩みも相談しながら転職が進められます。

とはいえ、担当になったコンサルタントが男性なのか女性なのか、優秀かどうか、自分と馬が合うかどうかは、登録してみなければわかりません。
女性のコンサルタントがいい、という方は変更したい旨を伝えれば、変更することができるので安心です。

正直、コンサルタントによって経験やスキルはまちまちなので、初めは2〜3社のエージェントに登録・利用してみて、自分に合うコンサルタントを見極めるのがオススメです。
少しでも転職成功の確率を上げるためには、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。(転職エージェントへの相談は無料です。)

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

転職エージェントに絶対相談すべき10個の理由

転職を成功させるために

いかがでしたか?今回ご紹介した通り、転職活動にまつわる大変さは避けては通れないものが多いことも事実です。

必要な準備をしっかりとした上で、大変さを乗り越えて転職成功を目指しましょう!

基本的には自分を担当する担当者を選ぶことはできません。

転職エージェントには最低でも2つ登録することを弊社ではオススメしています。