2019.08.14

転職で大変だったことをケース別で紹介!成功の秘訣もぶっちゃけます

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職をする前から「転職って大変そう…」って思っている人が多いのですが、そのイメージは間違いではありません。

限られた時間の中、精神的にもプレッシャーを感じやすい転職活動は確かに大変です。

しかし、大変な転職を少しでもラクにする方法は、実はあります!その方法を転職のプロである筆者が、あますことなく解説していきますね。大変な転職活動をなんとか成功へ導きたい人は、ぜひ最後まで読んでください!

転職全体で大変だと感じる3つのこと

転職が大変だと思っている女性

転職を考える人は今抱えている不満や課題を解消したいと考えていることが多いです。そのため、どうしても現状よりも良い転職先を…と思ってしまい、目線が高くなっている傾向にあります。

そんな転職活動ですが、ほとんどの人が大変そうだとか、実際に大変だよ!と感じているのではないでしょうか。

大変、という言葉で簡単に片付けられてしまいますが、転職で大変だと感じることは大きく3つのカテゴリーに分けられます。その3つのカテゴリーについて、以下で詳しく解説していきますね。

精神的な大変さ

精神的な大変さがもっとも「しんどい…」と感じる要因です。

「本当に内定がもらえるのだろうか?」という先行きが見えない不安や、「お世話になった現在の会社に迷惑をかけないだろうか?」といったすでに築き上げてきた関係性などへの気遣いなど、転職活動は精神的に疲れる場面がどうしても増えます。

上記で紹介したような負担が転職活動で大変な部分であり、様々な場面で「大変だ…」と感じる可能性があります。

転職活動における不安について、以下の記事で解消方法などを紹介しています。

転職での不安解消方法をプロが伝授!ケースごとで解決策を徹底解説!

時間的制約に関する大変さ

精神的な大変さの次にあげられるのは、時間的制約に関する大変さです。

多くの転職者が働きながら転職活動をしていると思います。働きながら企業研究や応募書類の準備、面接対策などをおこなわなければなりません。

また、仕事の合間をぬって面接へ行かないといけないため、時間が足りなくて大変!だと感じる人は多いです。

無事に面接を終え、内定が出た後は引き継ぎなどが必要になるので、非常に忙しくなります。

金銭的な大変さ

転職活動は何かとお金がかかるので、金銭的に大変な思いをするケースも少なくないです。

とくに離職してから転職活動をする場合は、収入がないため当面の生活費に不安を感じやすいです。

なかなか内定をもらえず、離職期間が長くなればなるほど、焦りが増して行き、最終的に「希望していない企業へ転職して失敗してしまう…」という人も中にはいます。

転職の方法で余計大変になることも

転職するにしても、複数の方法があります。自分に合っていないやり方を選択してしまうと、余計転職が大変になってしまった…なんてこともあるので、特徴を押さえた上で使い分けたいですね。

以下で5つの転職方法と、その転職方法は何が大変なのか合わせてご紹介します。

次でそれぞれ詳しく解説します。

1.企業の採用ページから直接応募する

その企業が求めているスキル・経験が十分にある場合には、企業HPから直接エントリーするのが手っ取り早い方法です。

一方で、スキルや経験が他の候補者と横並び、もしくは見劣りする場合、書類選考の段階でお見送りになってしまうというリスクがあります。

書類選考のリアルについて以下の記事で解説しているので、気になる方はぜひ合わせてご覧ください。

転職での書類選考通過率はどれくらい?成功の秘訣をプロが大公開!

2.Wantedlyなどを利用して企業とコンタクトを取る

採用HPや求人広告経由で応募を待つのではなく、スカウトを利用して優秀な人材に企業側からアプローチをするという手法が一般化してきており、WantedlyLinkedinといったビジネスSNS経由で気軽に企業とコンタクトが取れるようになりました。

転職者も企業もお互いのことを「面談」という形でお互いのことを知った上で選考に進むことができるので、ミスマッチが少ないというメリットがあります。

一方で、面接の前にまず「面談」という形で訪問することになるので、内定までのステップが増える分、時間の捻出が難しいケースもあるかもしれません。

また、一定のスキルや経験を持っていない場合は、そもそもスカウトがもらえないという可能性もあります。

3.企業が開催しているイベントや勉強会に参加する

3つ目ですが、マーケティングやエンジニア向けの方法ですね。気になる企業が開催しているイベントに参加して、その後の座談会などで社員と話すことができます。

メルカリをはじめとしたベンチャー企業では、イベントやリファラルを通じた採用が増えてきています。

イベントや勉強会へ積極的に参加することで、自分のスキルや経歴が企業担当者の目に止まり、結果として企業からオファーがもらえることがあります。

自分のスキルや経験に自信があって「良い会社があれば転職したい」という気持ちで転職先を探している人にはおすすめの方法です。

4.転職サイトを利用する

4つ目は「転職サイトを利用して転職する」です。

転職サイトには、様々な企業の求人が掲載されており、自分の希望にあった求人を探すことができます。 時間を気にせず、求人を探せ、自分のタイミングで応募できるのがメリットの1つですね。

一方で、直接応募と同様、スキルや経験が他の候補者と横並び、もしくは見劣りする場合、書類選考の段階でお見送りになってしまうというリスクも考えておく必要があります。

転職サイトを使うべきか悩んでいる人は、以下の記事も読んでみてください。

【2019年最新】おすすめの転職サイト紹介!成功の秘訣教えます!

5.転職エージェントを利用する

最後にご紹介するのが「転職エージェントを利用する」方法です。

転職エージェントでは、転職先を紹介してくれるだけでなく、転職のプロであるキャリアアドバイザーが転職相談に乗ってくれ、応募書類の添削や面接対策といった内定確率をアップするためにあらゆるノウハウを教えてくれます。

意外と面倒な企業とのやりとりや面接の日程調整も転職エージェントが代行してくれるので、先ほど紹介した「精神的な大変さ」「時間的制約に関する大変さ」からは、解放されると思います。

また、転職エージェントを利用すると、企業の採用担当者にあなたを直接推薦してくれるので、スキルや経験に自信がなかったり、書類選考で落とされてしまうのが怖い・・・という方にもオススメの方法です。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください。

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のための3つのテクニック〜

転職活動そのもので大変だと感じること

転職活動が大変で悩んでいる女性

転職活動そのもので大変だと思うことはたくさんあると思うので、とくに多いものをピックアップして、アドバイスと一緒にご紹介します。

周りへの気苦労が絶えない

よく挙げられるのは有給を使うことによる気苦労です。とくに内勤の場合や普段有給を取ることができないような職場であると、これを理由に転職活動が社内の誰かにバレてしまうなんてことも少なくありません。

大切な面接のために有給を利用すること自体は避けられないので、まずは現在の仕事を疎かにせず、円滑に進められるようにすることが第一です。

そのために、面接調整に時間の手間を取ることのない転職エージェントを利用するなどの方法を選ぶことも必要でしょう。

離職してからの転職で転職先が見つからず苦労した

次に挙げられるのは離職してから転職活動をして苦労するケースです。これは前述した通りですが、金銭的なリスクが付きまとうことに加え、やはり精神的にもストレスが溜まりやすい傾向にあります。

離職期間が増えることによって転職成功率が下がりやすいというリスクもあるので、離職前によく考えた上で転職活動の進め方を決めるようにしましょう。

離職期間と転職の関係性について以下の記事でも解説しているので合わせてご覧ください。

空白期間(ブランク)があっても転職を成功させる方法!ケース別回答例付き!

家族と揉めてしまった

家族がいる場合、転職活動に関して応援・反対それぞれ意見があり、実際に転職活動が進んでくると揉めてしまうケースも見受けられます。

とくに転職先で転勤がある場合、給与が下がる場合、業界が変わって将来性が不透明な場合などは、途中で反対を受けてしまう転職者も少なくないです。

転職活動スタート前によく話し合った上で、円満に進められるように調整をしておくほうが無難でしょう。

履歴書・職務経歴書が上手く書けない

履歴書や職務経歴書が上手く書けなくて、大変だったという話もよく聞きます。

とくに初めての転職だと、新卒の頃の就活と勝手が違って戸惑ってしまうことが多いです。

中途採用には中途採用にあった履歴書・職務経歴書の書き方があることを、まずは理解するようにしましょう。自分で書ける自信がない人は、最初から転職エージェントを頼るのもアリです。

履歴書・職務経歴書の書き方について詳しく知りたい方は以下の記事も読んでみてください。

転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!
人事の目に留まる転職の職務経歴書の書き方完全ガイド

退職交渉で現職の会社と揉めてしまった

現職の会社と退職交渉で揉めてしまうケースもよくあります。

具体的には強い引き止めにあった場合や、就業規則上の退職ルールによって退職日が認められず、希望の入社希望日に折り合いがつかないといった内容が多く見受けられるケースでしょう。

退職に関する規定を確認し、引き継ぎも無理のないスケジュールで進められるように事前に想定をしておくことが重要です。

円満に退職する方法について、詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

円満退職の切り出し方!役立つケース別退職理由の例文付き!
【テンプレあり】 退職届の便箋、文面の上手な書き方

面接で大変だと感じること

面接が大変で悩んでいる女性

次は面接で大変だと感じることを紹介しますね。
よくあげられる大変さには、以下の3つのことです。

時間がない中で面接の準備を行うことが大変

これは、時間的制約に関する苦労の代表例でしょう。現職中に面接の対策を行うのは、終業後や休日など時間が限られており、多くの人が苦労するポイントです。

転職活動開始前にある程度の計画を立てたり、そもそも現職の繁忙期を避けて時間を確保できるように工夫する、必要な情報が得られるように転職エージェントを利用するなどの手立てを考えると良いかもしれません。

聞かれて困る質問への回答

面接そのものに大変さを感じるケースでは「聞かれて困る質問への回答」が挙げられるでしょう。

例えば、「在職期間が短い理由」や「転職回数が多い理由」などは最たる例でしょう。
また、「転職理由は何ですか」と問われた際に、本音は人間関係の悪さや給与の低さなどあまり表向きに言いたくない場合などは答え辛さを感じることもあるかもしれません。

転職への姿勢が前向きに感じられるような転職理由の伝え方や、ネガティブに感じられる可能性のある自分の経歴の伝え方をどのようにするべきかしっかりと考える時間を持ちましょう。

アピールできる具体的な実績が伝えられない

加えて、面接へ大変という思いを抱きやすいケースには「アピールできる具体的な実績が無い!」と思っている人が多いのではないでしょうか。

営業職で営業成績が振るわなかった場合や、数値化された目標がないような職種の場合、入社間もなく伝えられるような実績がない場合など状況は様々です。

そういうときは、目標を達成するためにどんなことをしたのかを具体的に話せるようにすると良いでしょう。

転職面接でよく聞かれる質問や攻略法を以下の記事でまとめているので、以下の記事も読んでみてください。

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

女性の転職で大変なこと

基本的に男性と大変だと思うことは変わらないのですが、女性特有のことで苦労している人も多くいます。

とくに結婚・出産・育児といったライフイベントによって、転職先への条件が増えてしまい、なかなか内定が得られない…といったケースをよく耳にします。

ちなみに、以下のような点で男性と違った大変さを感じていることが多いようですね。

  • 結婚によって転勤ができないのではないか
  • 育休、産休などを入社後すぐに取得する可能性があるのではないか
  • 育児中で、子供の体調によってよく休むことがあるのではないか

このような場合、自分が対処できないことに対して、嘘の回答をしてしまうと自分首を絞めてしまうだけです。現実的にやっていけそうな環境であるかどうかをきちんと見極めるようにしましょう。

また、同じような状況で働く女性社員が多い環境であれば、既に総合理解も進み、助け合いの風土もできていることが多いです。このような点も見極めポイントの1つとして、転職先を探すと良いでしょう。

難しい部分がある一方で、女性をターゲットに積極的な採用をおこなう企業も増えてきているので、これまでの経験をしっかりアピールできれば転職を成功させられると思います。

女性の転職に役立つ記事をピックアップしました!ぜひ合わせて読んでみてください。

【女性必読】未経験でも正社員に転職できる!?成功のコツを伝授!
結婚を機に転職って不利?男女別でベストタイミングを徹底分析!
女性におすすめの転職エージェントを徹底比較!使い倒すコツ大公開!

大変な転職を成功させるための秘訣

大変な転職を成功させるための秘訣を伝授している女性

繰り返しの提案にはなりますが、大変で不安も多い転職を成功に導くためには、転職のプロからあらゆるサポートを受けられる転職エージェントを利用するのがオススメです。

ただ、転職エージェントの満足度やサービスの質は担当になるキャリアアドバイザーによって大きく変わってしまいます。

経験が未熟だったり、自分と相性が合わないアドバイザーが担当になってしまうリスクもありますので、まずは2〜3社のエージェントに登録してみて、アドバイザーとの相性を確認した上で比較検討することをオススメします。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

大変な転職に役立つおすすめの記事

大変な転職に役立つ記事をいくつかご紹介します。

どの記事も転職に関するノウハウが詰まっているので、気になる記事があればぜひ読んでみてください!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。